奇習! 思春期男子のペニスを品定めする村人たち! 一番“出来”が良かったら… 強制的「ペニス品評会」の伝統=西日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

奇習! 思春期男子のペニスを品定めする村人たち! 一番出来が良かったら… 強制的「ペニス品評会」の伝統=西日本の画像1
画像は「getty images」より

「おちんちんはとがってて 月へゆくロケットそっくりだ」という言葉から始まる谷川俊太郎の詩『男の子のマーチ』では、「おちんちんはやらかくて ちっちゃなけものみたいだ」「おちんちんはつめたくて ひらきかけのはなのつぼみ」「おちんちんはかたくって どろぼうのピストルににてる」と、子供の男性器について、実に様々な描写がなされているが、多くの男性にとって、しかも思春期において自身の“モノ”の形状や発育具合は、ややもすると大きな悩みとなるもの。しかしそうした複雑な男心を即座に粉砕するかのような羞恥まみれの風習が、かつてこの国の一部の地域には存在していたのだという。


「そらね、みんなの見てる前で丸出しにされてね、品定めじみたことをされるんだから、こっ恥ずかしいったらありゃしないよ(苦笑)けど、“昔から続く伝統だ”って言われたら逆らえないからね」


 かつて西日本のとある海沿いの地域で行われていたという、“少年たちのペニス品評会”ともいうべきなんとも奇妙奇天烈な風習についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、傘寿を過ぎた現在も、現役の漁師として暮らしている横山栄一さん(仮名・84)。横山さんの話によれば、その昔、思春期を迎えた少年たちは、自身の男性器を村の人々がチェックされるのが通例となっていたのだという。


「毎年ね、正月になると、このあたりじゃ、村の天神様に豊漁を祈願する行事が行われるのだけれども、そのときにね、その年、10歳になる(男の)子がね、集められるわけ。それで、天神様への祈願が終わったあとで、村の人間が見ている前に、すっ裸で引き出されて“ご開帳”と(笑)。それで品定めじみたことをされるっていう寸法よ」

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。