9月13日は伝説のラッパー「2パック」が射殺された日! ヒップホップ界に受け継がれる“暗い殺人の連鎖…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
9月13日は伝説のラッパー「2パック」が射殺された日! ヒップホップ界に受け継がれる暗い殺人の連鎖…の画像1
(写真はMakaveli作『The Don Killuminati: The 7 Day Theory』1996年11月5日発売/デス・ロウ・レコーズ)

『死後の11月5日に発売されたマキャベリ名義のアルバム「The Don Killuminati: The 7 Day Theory」のジャケット』

 1996年9月13日は、“2パック”ことトゥパック・アマル・シャクールが同年9月7日の射殺事件の結果死亡した日である。

 1990年代に隆盛したヒップホップの牽引したラッパーの代表格であるトゥパックは、両親共にブラックパンサー党員だったというその激しいメッセージ性を受け継いだのか、人種差別等あらゆる障害に対し過激な怒りを表現するスタイルで多くの若者たちの共感を得たアーティストだった。

 しかし、同時代に現われたもうひとりのカリスマ的ラッパー“ノトーリアス・B.I.G.”ことビギー・スモールズとの激しい二極抗争——最初はその音楽を通じて行なわれていたものが、実際の殺人事件に発展してしまうという、現在のヒップホップにも脈々と受け継がれている“暗い殺人の連鎖”を大々的に知らしめる事件となった。

 5発もの被弾をしたという過去の銃撃事件以来、2パックはビギーをその黒幕と信じていたために、1996年9月7日のボクシングに行なわれた試合、マイク・タイソンーブルース・セルドン戦の観戦後の帰路で横付けされたキャデラックから4発の発砲を浴びて2パックが死亡した際も、まずビギーが疑われることになった(レコーディング中であったと容疑を否定)。

 数多くのアーティストをマネジメントするジミー・ヘンチマンが2011年にトゥパックの射撃犯であると名乗り出たが、現在も真相は明らかになっていない未解決事件である。

 いま確かなことは、ビギー・スモールズもこの殺人事件の半年後、1997年3月9日に何者かによって撃ち殺されているということだけだ(こちらも未解決)。そしてのその死の連鎖は、アメリカを始め至るところで現在も繋がり続けている。

 元々ヒップホップは、他者をののしり合うという極めて戦闘的な要素を多分に孕んだ音楽、表現ではある。

 2パックに影響された白人ラッパーのエミネムが殺人への反対を訴えるなどしているが、果たして、ヒップホップがこういった直接的な悲劇から解放される日はやってくるのだろうか?

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。