【閲覧注意】メス牛のワレメをこすって刺激すると何が起こる!? 意外すぎる結果に全世界驚愕、牛の股間ミステリー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】メス牛のワレメをこすって刺激すると何が起こる!? 意外すぎる結果に全世界驚愕、牛の股間ミステリー!の画像1画像は、「YouTube」より

 雌牛のアソコには不思議がたくさん詰まっている。そんなことを考えさせられる動画がYouTubeなどで公開されて話題となっている。

 ロシアで撮影された動画には、牧場をノソノソと歩く2頭の雌牛が映っている。その後ろに位置した撮影者は、手に持った木の棒を雌牛の股間に当て、アソコをこすり始めた。棒で割れ目を刺激される雌牛は荒れ狂うかと思いきや、その場に立ち止まって固まってしまった。気持ちいいのだろうか? 別の雌牛たちも、同じことをされると動きが止まるようだ。この動画では、性器を棒でこすられた雌牛たちは大人しくなったが、他の雌牛たちが同様の反応を示すとは限らない。決して真似をしてはいけない。

 雌牛のアソコに関しては、おもしろい風習が世界各地に残っている。以前トカナでも紹介したが、ケニアのとある村では、雌牛の膣に息を吹き込んで乳の出を良くする技法が現在でも行われているという。これは「Cow blowing」などと呼ばれていて、紀元前2,500年頃の古代エジプトの墓に残されたレリーフにも描写があるなど、長い歴史を持つ伝統技法とみられている。

「Cow blowing」は、家畜を効率よく飼育するために生じた知恵といえるだろう。一方、獣姦愛好家は雌牛のアソコを性欲処理のための道具と考える。タイ南部ソンクラー県の村で、雌牛に性的暴行を加えようとした68歳の男、マヌーン・ブンジンが逮捕された。英紙「The Sun」などによると、マヌーンは、他人が飼育する2歳の雌牛Nonを拉致し、全裸になってレイプしていたという。Nonの飼い主がマヌーンを取り押さえ、証拠となる写真も撮影して警察に通報した。取り調べを受けたマヌーンは、「牛は傷つきませんし、私はただ快感のためにやっただけです。以前同じことをやった友人がいて、気持ちがいいと言っていたので、私も(獣姦を)試してみたいと思いました」と言い、過去に何回か獣姦を行ったことがあると自白した。タイには獣姦を規制する法律が無いため、マヌーンは公共の場で全裸になった罪でわずか300バーツ(約千円)の罰金を科されただけだった。

 さまざまな理由から雌牛のアソコに関心を示す人は少なくない。動物の性器とはそれほど神秘的なものなのである。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年9月28日 00:39 | 返信

かわいそう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?