9月23日は精神分析学の父・ジークムント・フロイトが死亡した日! 末期ガンに侵され「生はもう無意味な拷問以外でしかない…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
9月23日は精神分析学の父・ジークムント・フロイトが死亡した日! 末期ガンに侵され「生はもう無意味な拷問以外でしかない…」の画像1
(写真はWikipedia Sigmund Freudより使用。Public Domain)

『1926年に撮影されたフロイトのポートレート』(Ferdinand Schmutzer撮影)

 1939年9月23日は《精神分析》という概念をつくりあげたオーストリアの精神科医、ジークムント・フロイトが死亡した日である。


 心的外傷、夢判断、自我、無意識の研究など、フロイト出現以前の脳科学とは遙かに異なる新たな概念をもたらした功績は、それぞれのジャンルに於けるコペルニクスやダーウィン、ニュートンと並ぶとも言われており、そのことからもいかにフロイトが革命的な進化を人類にもたらしたかがわかるだろう。


 フロイトの主張はあまりに独創的な言説であっただけに、当初は世間や同業者やからの反発も強く、理解者と研究に理想的な環境を求め、慣れないアメリカに移り住んだ時期もあった。


 1938年にナチスドイツによるオーストラリア侵攻の際にはロンドンに亡命し、最晩年は彼の地で治療と研究、執筆活動を続けた。


 そして末期ガンに冒されていた83歳の時に、主治医に「時がきたら手を貸してくれる約束だった。いま生きていることははもう無意味な拷問以外のなにものでもない」と、大量のモルヒネを投薬するように指示し、自主的に死んでいったという。


 稀代の精神分析医が、死への欲求と向き合った末に迎えた最期は、極めて自殺に近いものであった。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメント

4:匿名 2019年10月1日 23:25 | 返信

些事だけど「〜拷問以外でしかない」だと意味が通らないので「〜拷問以外に他ならない」なんじゃないかなと本筋に関係ないけど思いましたまる

3:匿名 2019年9月24日 10:43 | 返信

今は進化心理学に押され気味

2:匿名 2019年9月23日 15:07 | 返信

まあ科学っていうより宗教だよね。
心理学は

1:匿名 2019年9月23日 08:09 | 返信

精神に携わった人間は歴史を知ってる人ならば諸悪根元だとわかるだろう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。