9月24日は俳優・丹波哲郎が死亡した日! 「俺は死ぬのが楽しみでしょうがない」最期まで死後の世界を信じて疑わず…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
9月24日は俳優・丹波哲郎が死亡した日! 「俺は死ぬのが楽しみでしょうがない」最期まで死後の世界を信じて疑わず…の画像1
(写真はDVD『丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』販売=エスピーオーより)

『DVD「丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる」(1989年/主演・原作・脚本=丹波哲郎)』

 2006年9月24日は、1967年のイギリス映画『007は二度死ぬ』にも出演するなど、国際的にも活躍した俳優、丹波哲郎が死亡した日である。


 その長いキャリアにおいて数多くの映画・ドラマに出演し、特に総理大臣役などの重厚な役割を数多く務めた大俳優であった。


 また、晩年は、若かりし頃から密かに研究していたスピリチュアルの分野に進出、死後の世界《大霊界》を世に知らしめる活動に重きを置き、1980年頃からはベストセラーを含み数多くの大霊界関係の書籍を出版した。


 その勢いで1989年から映画化された『大霊界』は全3作であったが、世間の懐疑的な目もあり、思うようなヒットを収めることはできなかった。


 しかし、丹波は死の間際まで第4作目、『最期の大霊界』の脚本を推敲し続け、私財を投じてのその撮影に意欲を燃やしていたという。


 結果的にその実現とはならなかったが、日本人俳優として誰よりも多くの現場を見てきた大俳優が、死後の世界を信じて疑わなかったことは事実である。


 未完成に終わった『最期の大霊界』の脚本に携わった監督、ダーティー工藤曰く、

「俺は死ぬのが楽しみでしょうがない。向こう行ったら楽しいことが山ほどあるんだ」

 最晩年の丹波哲郎はそう言って死んでいったのだという。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年9月25日 06:49 | 返信

>> 2

それスピリチュアル系やその他が言ってる概念だよね?
自分も以前に山ほどそういう本読んだけど、そもそもがそれ確かめようないし、意識を飛ばして見てきたような人たちもいるけどそれも本当に死後の世界だったのかどうか疑問だよね?
もし本当に事故かなにかで死んであの世に行ったら実際のあの世は全然違ってた!なんてよくある、あるあるじゃない?専門学校で習ったのと○○という職業の現場はまったく違うのと同じように。

2:ゆ 2019年9月25日 03:05 | 返信

>> 1

生まれ変わるかどうかは自分で決めれるよ。
あの世には時間なんて概念ないからずっと幸せな気持ちで過ごせれるよ。でもそうやっていくと幸せではあるけどつまらない、刺激が欲しいと思えてくる。生きてた頃の苦痛でさえも愛おしく感じるくらいに。そうして結局また生まれ変わりを選択してやってくるのさ。だから今生で死にたくなるほど絶望を感じていたとしても、自分の魂がそういう経験を欲していたんだと思えばいい。それを乗り越えたとき、きっと貴方の魂はとてつもない達成感に満たされるんだと思います。

1:聖帝 2019年9月24日 21:02 | 返信

私も死後の世界はたのしみだ!だが、最近は
その先の来世があると思うとダリィ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。