共演NG指定されることが多い芸能人3人を暴露!「怒鳴り込んでくる」「炎上しがちで…」

関連キーワード:

,

共演NG指定されることが多い芸能人3人を暴露!「怒鳴り込んでくる」「炎上しがちで…」の画像1


 都市伝説レベルのものも含めて芸能界には共演NGが囁かれるタレント同士の名前があふれている。多くは噂レベルのものだが、関係者に話を聞くとたしかに共演NGの芸能人を持つタレントは数多くいるという。

「特にMCの仕事を引き受ける際にはゲストを多数招くために、番組開始時に共演NGのリストをもらうのがセオリーです。その際に誰の名前も出さない人もいれば、たくさんの名前を出す人、特定の相手をエピソードと共に語る人など様々です。そんな中で、頻繁に聞く名前もあります」(テレビ番組プロデューサー)

 ゲストのキャスティングで共演NGタレントを招かないように事前にすり合わせるのが常識だというが、一体どんな名前が多く聞かれるのだろうか。

「最近多いのは、炎上を繰り返している作家のH・Nさんです。皆さんHさんと何かがあったわけではないそうですが、SNSで批判されるのを恐れているようですね」(同)

 たしかにあとから何か言われそうなイメージはあるが、せめて共演してからNGにしてはどうだろうか。

 また、もうひとりはあの博識ある俳優の名前が出てきた。

「T・Tさんを共演NGにされることは多いですね。ドラマで共演した人が脚本内容や演出内容に意見を言った際、それはあくまでもタレントと演出側の問題であるにもかかわらず、介入しがちなんですよ。悪い人ではないですし、むしろいい人なんですが、根っからの説教キャラというか」(テレビ番組制作会社関係者)

 他のタレントとスタッフの間に介入して何をおこなうのか。

「論語やことわざを並べて『人間とは』『仕事とは』と説法のような話が始まるわけです(笑)。そういうことを言われると意見を言った俳優も何も言えなくなりますよね。だから、やりにくいという印象がついてます。本当に、いい人ではあるんですけどね…」(同)

 いい人だけど説教好きは芸能界じゃなくても煙たがられる傾向にあるかもしれない。

 そして最後は女性の名前があがった。

「美人タレントのO・Yさんは、かつての事務所のせいなんでしょうが、番組内で発言した内容を巡って収録後に怒鳴りこまれるんです。バラエティだと流れに応じて面白ければ相手を茶化すようなコメントもしますが、みんなカメラ前では暗黙の了解で仕事をしています。でも、彼女はそれを許してもらえないんです。今は体制が変わっていますけど、過去のトラウマからか、NG指定にする人がいますね」(バラエティ番組ディレクター)

 本人の責任ではないだけに、かわいそうだ。理由は様々だが、こうしたエピソードはタレント間であっという間に広がることも多く、共演経験がなくてもNGに指定することがあるという。共演NGが多いということはそれだけチャンスを逃すことにもつながる。くれぐれも日頃の言動には気を付けてもらいたい。

文=吉沢ひかる

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ