【命日】9月28日は柔道三冠王に輝いた猪熊功が自刃した日! 壮絶な最期とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

9月28日は柔道三冠王に輝いた猪熊功が自刃した日! 経営不振で多額の借金、脇差しを自らの首に突き立て…の画像1
(写真はWikipedia 猪熊功より使用。Public Domain)

『東京オリンピック柔道80キロ超級で優勝し、金メダルを獲得した猪熊功』(写真左から2番目)

 2001年9月28日は、1964年に行なわれた東京オリンピックの柔道80キロ超級で見事優勝し、オリンピック、世界選手権、全日本選手権の3つのタイトルを獲得する“柔道三冠”を史上初めて成し遂げた柔道家、猪熊功が自刃により死亡した日である。


 身長173センチ体重88キロと、格闘家として決して恵まれていたとはいえない体型でありながら、あくまでも無差別級にこだわり、自身は代表選考により出場できなかった東京オリンピック無差別級の優勝者、オランダのアントン・ヘーシンクと戦うために翌年の世界選手権無差別級にエントリー。


 しかしその大会中にヘーシンクは引退し、猪熊は見事に優勝を遂げたものの、日本柔道の名誉回復のために倒すはずであった相手とは戦えず、そのまま自らも27歳という年齢で引退していった。


 引退後は東海建設に入社し、東海大学の柔道部強化にも貢献。後に東海大学の教授にもなり、後進の指導にあたった。


 そんな天才柔道家が2001年、社長を務めていた東海建設の経営不振、243億円という莫大な負債を抱えたことへの責任をとって脇差しを自らの首に突き立てたて死んでいったのである。


 社長室の自らの机の上には、“怨念”の文字が大書されていたという。果たして、若くから勝利を重ね続けた日本の柔道王が、その人生の最後に戦い、勝てなかった相手とは何であったのだろうか。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。