【閲覧注意】「メキシコの人喰い詩人」ホセ・ルイス・カルバ! 史上最悪の「人肉シリアルキラー」の生涯と調理法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 さらなる家宅捜索の結果、冷蔵庫の中から、骨を取り抜いた右脚と右腕を見つけた。冷蔵庫にはコーンフレークの箱も入っており、その中にはカリカリに焼かれた骨が入れられていた。オーブンレンジの上のフライパンで焼かれた肉、鍋の中のシチューの肉、ホセが食事をしていた皿の上の肉は、アレハンドラの右腕だった。皿の肉にはレモンが添えられており、彼がその肉を味わいながら食べていたことは、誰の目にも明らかであった。

 ホセは警察が家宅捜査を行なっている最中、バルコニーから逃げようとして4階から転落。足を骨折するなどの大怪我を負い、逮捕後、まず病院に搬送された。病院には、母親も兄弟姉妹も誰も面会に来なかった。母親は「息子とは一切の関わりを持ちたくない」と拒否。メディアから取材を申し込まれた姉妹も拒否。皆、殺人犯であるホセと血を分けた家族であることを恥じ、関わり合いを持つことを拒んだ。

画像は「Murderpedia」より引用
画像は「Murderpedia」より引用

 メキシコ連邦警察の調べに対してホセは、「アレハンドラの首を誤って絞め、殺してしまった」と説明。「遺体の肉を切り取り調理したのは、近所の犬に与えるためだった。そうすることで遺体を処分しようと思った」「自分は食べていない」と主張した。

 しかし、検死官は「アレハンドラの腕の肉は骨から綺麗に削ぎ落とされ、皮膚と脂肪も綺麗に取り除かれた上で焼かれていた」「焼きあがった肉にはレモンがふりかけられており、どう考えても餌として犬に与えるのではなく、人間が食すための調理法だ」と指摘。家の中には食人について綴った本や、『羊たちの沈黙』でおなじみのハンニバル・レクターの写真も発見されたことから、彼がカニバリズム(人肉嗜食)に興味を持っていたのは間違いない、食肉したのだと検察は確定した。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?