【閲覧注意】女囚を獣姦させたイルゼ・コッホ ー 壮絶拷問、淫乱、臓器、人間の皮膚「ブーヘンヴァルトの魔女」と呼ばれた女

【閲覧注意】女囚を獣姦させたイルゼ・コッホ ー 壮絶拷問、淫乱、臓器、人間の皮膚「ブーヘンヴァルトの魔女」と呼ばれた女の画像4
人体脂肪から作られたとされる石鹸「Scrapbookpages.com」の記事より

 しかし当時の彼女にとって最大の関心事は、受刑者を性的に挑発し、拷問することだった。

 彼女は肌を露出した服装で、飢え、拷問された男性囚人の周りで性的に振る舞った。またイルゼは、彼女自身の娯楽のために、囚人同士に性的行為を強制した。他にも飼い犬を女囚にけしかけたり、捕虜にレイプさせたり――と、性虐待の噂も絶えなかった。

 また収容所の生存者は戦犯裁判で、ユダヤ人囚人の子どもをガス室送りにする時、彼女はいつも興奮しているようだったと証言している。

■イルゼのその後

 夫のカール・コッホは、親衛隊の金を自分の蓄財としていたことがわかり、賄賂と収賄で有罪判決を受け、1945年にナチスに処刑されている。

 イルゼはカールとの間に3人の子どもがいて、第二次世界大戦後、その子どもたちと郊外に移り住んだ。しかしその後、イルゼは連合軍によって逮捕され、投獄されたのだった。

 1947年には、元ダッハウ強制収容所で連合軍法廷が開かれたが、その中で最も悪名高いドイツの戦争犯罪者にされたのは、疑いもなくイルゼ・コッホだった。

【閲覧注意】女囚を獣姦させたイルゼ・コッホ ー 壮絶拷問、淫乱、臓器、人間の皮膚「ブーヘンヴァルトの魔女」と呼ばれた女の画像5
イルゼと夫カール・コッホ「The New York Times」の記事より

 イルゼはその裁判中、自分が妊娠8カ月であることを発表した。人々は2つの理由から、大きなショックを受けたという。まず、彼女は裁判の前にアメリカ人尋問者(その多くはユダヤ人だった)を除いて、男性との接触がなかった。第二に、彼女は既に41歳だった。

【閲覧注意】女囚を獣姦させたイルゼ・コッホ ー 壮絶拷問、淫乱、臓器、人間の皮膚「ブーヘンヴァルトの魔女」と呼ばれた女のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル