台風19号で期待される”ふなっしー”の発信力がやばい!「15号ではマスコミより前に千葉の深刻さを伝え、世論を動かした」

関連キーワード:

,

,

,

台風19号で期待されるふなっしーの発信力がやばい!「15号ではマスコミより前に千葉の深刻さを伝え、世論を動かした」の画像1
復興支援を訴えるふなっしー。「@funassyi(Twitter)」より


 先月、台風15号が猛威をふるい千葉県に多大な被害をもたらした。一刻も早い復旧が期待される一方、災害対策本部の設置のタイミングなど、政府や千葉県、東京電力などの対応に批判も集まった。しかし、そのような中でも各所から絶賛を浴びている人物がいたという。詳しい話を放送関係者に聞いた。

「東電も批判されていますが、今となっては千葉県の対応の遅さが最も批判を浴びています。森田知事は当初は東電に『不眠不休で仕事をしろ』と激怒していましたが、徐々に自分が批判されていると知ると『誰が悪いという話ではない』とトーンを落としました。このような一貫性のない対応が火に油を注ぐ格好となりましたが、じつはその一方でとんでもない発信力を発揮して絶賛されている人がいます」(情報番組プロデューサー)

 その人とは一体だれなのか。

「船橋市の非公認キャラクターである『ふなっしー』です。Twitterのフォロワー数は143万人いますが、その発信力が今回注目を浴びました」(同)

 千葉県とゆかりの深い有名人(有名物体)だが、具体的にはどのような点が評価の対象になっているのだろうか。

「台風の通過後、マスコミもそこまで千葉の被害状況を深刻に報じていない段階で、ふなっしーだけはかなり深刻な被害に遭っているという情報を全国に発信し始めたんです。これによって千葉以外に住む人たちも台風による被害が尋常でないことに気付き、世論も動き、マスコミも動き出しました」(同)

 無論、世論やマスコミが動いた理由すべてがふなっしーではないのだろうが、大きな力を発揮したのは間違いないようだ。

「当初は全壊が千葉全域で2棟という今から考えれば有り得ない数字が出ていたんですが、このころからふなっしーは深刻な被害状況を事細かにアピールしていました。このスピーディーな対応は今になって振り返ると凄いです。しかも、下手なサイトよりも発信力があるため、ふなっしーのツイートやその後のリツイートなども含めると情報発信力が凄まじいと言えます。19号でもその発信力に期待が寄せられていますよ」(同)

 今は千葉県の発信力に対して批判の声もあるが、じつは素晴らしい裏の知事がいたようだ。

文=吉沢ひかる

関連キーワード