小泉進次郎氏のせいであの有名コメンテーター3人が困惑中!? 「中身スカスカで…」

小泉進次郎氏のせいであの有名コメンテーター3人が困惑中!? 「中身スカスカで…」の画像1
画像は「小泉進次郎公式サイト」より引用


 次の次の総理候補などと言われ、現役の政治家の中でも好感度の高かった小泉進次郎のメッキが剥がれてきた。責任ある大臣ポストに就いた途端に、あらゆる方面から総スカン状態となっている。特に具体的な案や対策を話さずにポエムとさえ揶揄される綺麗ごとには批判の声も多い。

 だが、こんな政界のプリンスの窮地を受けて間接的に迷惑を被っている芸能人がいた。

「小泉大臣は質問を受けても何も答えない手法で乗り切っています。耳障りのいい言葉を並べて何か言っているように見せかけても、よく聞いてみると何も言っていない中身の無い回答ばかりです。期待値が高かったこともあって一斉にバッシングを受け、ネットでは大喜利まで始まっています」(放送局関係者)

 確かに小泉進次郎が言いそうなことを大喜利形式で投稿するネットユーザーが相次いでいる。しかし、芸能人が一体どんな影響を受けるというのか。

「今回、小泉大臣の喋り方があらゆる番組などでも分析され、何か言っているように見えて実は何も言っていないということが明白になったわけですが、これと同じスタンスで仕事をしているのが情報番組のコメンテーターなんです。ワイドショーやニュース番組などに出て、あらゆるジャンルの時事ネタにコメントを発するのが仕事ですが、テレビの影響力を鑑みてバランスをとった発言をするコメンテーターが多いんです」(同)

 例えば、どのようなことを言っているのだろうか。

「被害者と加害者がいる事件があったとして、世論は加害者をバッシングしているようなケースであっても、過去の自分の発言の整合性を保つために加害者もある程度は養護しないといけないような場合に、加害者を叩いているように見せかけて実はまったく叩いていないような形です」(同)

 なるほど、それはまさしく小泉進次郎大臣と同じだ。

「あと、ジャニーズや吉本のタレントさんがコメンテーターになることが増えていますが、タレントさんは専門家以上にバランスをとったコメントをしないといけません。今までは怒った顔をしながら中身のない言葉を放っていれば世間も納得してくれました。しかし、小泉大臣の影響で今後は同じ手を使いにくくなっているんです。世間の目が肥えてしまったためです」(同)

 現在は「ワイドナショー」(フジテレビ系)や「サンデージャポン」(TBS系)などバラエティ色の強いワイドショー番組も多く存在し、著名なタレントも出演している。斬りこんでいるように見せて斬りこまないコメントは大切だったようだ。

「指原莉乃さんや和田アキ子さん、テリー伊藤さんなどはまさにここに該当しますので、視聴者の目が肥えたことに困っているでしょうね。人によっては今後しばらくはバッシングを避けるためにもワイドショー出演を控えたいと話しているタレントさんも出てきているようです」(同)

 逃げてきたツケが回ってきただけとも言えるが、小泉大臣の発言はこんなところにまで影響を与えているようだ。

文=吉沢ひかる

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ