「吉本興業と政界に太いパイプ」ヤバすぎる実態を永田町関係者が暴露! 官邸の“あの人”と画策する壮大な野望とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
「吉本興業と政界に太いパイプ」ヤバすぎる実態を永田町関係者が暴露! 官邸のあの人と画策する壮大な野望とは!?の画像1
画像は「朝日新聞社」より引用

 すっかり落ち着いてしまった感のある吉本興業の闇営業問題。宮迫博之と田村亮の行く末が不透明な部分はあるが、それ以外の芸人には復帰の機会が与えられた。「加藤の乱」とも称された加藤浩次も、今ではとんとおとなしくなっている。あるテレビ関係者はこうあきれる。

「大崎洋会長と岡本昭彦社長の体制は存続される格好になりましたね。岡本社長は、5時間半にわたるグダグダ会見で退任は避けられないと思われていましたが、何食わぬ顔で事務所にいるそうです。しかも、大崎会長はあの会見を『ようやったやん』と評価していて、ご機嫌なんですよ。吉本に自浄作用はないなと思いましたね」

 実は、大崎会長が悠然とかまえていられるのには理由があるという。永田町関係者がこう明かす。

「政界に太いパイプがあるからです。しかも、そのパイプとは菅義偉官房長官なんですよ。大崎会長がビジネスをエンタメ以外にも展開させる中で、人脈が広がったのが政財界。中でも菅官房長官とつながったのはかなり大きいとされているんです。その最も大きな理由はカジノと言われています」

 吉本興業は2009年から毎年4月に沖縄で沖縄国際映画祭を行っている。この関係者によると、映画祭最大の目的は、カジノ誘致が狙いだったという。

「大崎会長は2007年に松本人志の初映画監督作『大日本人』を引っ提げてカンヌ映画祭に行きました。これを沖縄でやったらどうかというのが沖縄国際映画祭を始めたきっかけなんですが、そのうち政府がカジノを含む総合型リゾート(IR)をやるという噂を聞きつけます。そこで沖縄で国際映画祭の実績をつくり、カジノの利益にあずかろうとしたんです」

 松本に大盤振る舞いの予算をつけて映画を次々に作らせたばかりか、他の芸人にも映画監督をやらせて新たな才能を発掘しようと試みたのは記憶に新しい。なぜそこまでするのか、業界関係者の多くが首をかしげたが、ゆくゆくはカジノという目的があったのだ。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。