【超話題】「火星に地球の微生物を運び、感染させよ」科学者のガチ論文が波紋! 激やばテラフォーミング計画とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 火星に最初に入植すべきなのは、人間でなく微生物——最近米国の研究者らが「まずは火星に微生物を“感染”させるべき」だと主張する論文を発表し、話題を呼んでいる。科学ニュースメディア「Science Alert」(10月1日付)が報じた。

Controversial Paper Suggests We Could Just ‘Infect’ Mars With Life (Science Alert)

画像は「Science Alert」より引用


 早ければ今世紀中にも人類の火星への移住が実現するというが、その前にクリアすべき課題の一つが「どうやって火星を生命の住める場所に変えるのか」である。いわゆるテラフォーミングの問題であるが、米ノバ・サウスイースタン大学の海洋生物学者ホセ・ロペス氏は今年9月に専門誌「FEMS Microbiology Ecology」に発表した論文の中で、まずは地球の有用な微生物を火星に“感染”させるべきだと主張している。

有益な微生物がいなければ、私たちの知る生命は火星に存在できません」と、ロペス氏はプレスリリースで火星に微生物を送ることの意義を強調する。そして、「微生物という旅人を送ったり運んだりせずに、我々が新しい惑星を探索することは不可能である」という仮説のもと、まずは地球の環境に有益で、かつ火星のテラフォーミングに貢献する微生物を選抜し、人類に先んじて火星に送り込み、生命が生きられるような環境の基礎を作るべきというのがロぺス氏の主張だ。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年10月2日 09:49 | 返信

じょうじ!

2:聖帝 2019年10月1日 21:04 | 返信

何十年も前に人類は火星に行っている。それをキチガイ扱いしてる、何も知らない一般人。

1:匿名 2019年10月1日 17:31 | 返信

酸素とか気温とか気圧をなんとかしても無駄
重力をなんとかしないと人類は長く生きられない
人工重力装置を作らないと惑星移住は無理
そういう意味では重力の小さい火星よりほぼ同じの金星の
テラフォーミングをするべき

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。