安全保障を口実にファーウェイ製品を排除する一方で米国の矛盾……米軍無人機は中国製だらけの実態!

関連キーワード:

,

,

,

安全保障を口実にファーウェイ製品を排除する一方で米国の矛盾……米軍無人機は中国製だらけの実態!の画像1
米海軍が購入したDJI製ドローン「Mavic Pro Platinum」(DJIのホームページより)

 米国はファーウェイ製品の調達を禁じるなど、安全保障に関わる分野において中国製品の排除に動いているが、最も敏感でなければならない部門で中国製品の購入が発覚した。米メディア「ボイス・オブ・アメリカ」(9月18日付)によると、ドローンの世界最大手である中国のDJIから製品を購入しているのだ。

 2018年5月23日、パトリック・シャナハン国防副長官(当時)は、市場に出回っている民生用ドローンを購入・使用を禁止する覚書に署名している。それは、DJIからスパイ攻撃を受けることを懸念しての処置だった。ところが内部文書により、空軍が35台のDJI製ドローン「Mavic Pro Platinum」を、海軍が数台の同社製ドローン「Inspire」を購入していることが発覚したのだ。

 同8月と11月の発注書によると、海軍と空軍はそれぞれ19万ドル(約2,000万円)弱と5万ドル(約540万円)弱を支払っている。購入したドローンはフロリダ州の第24特殊作戦航空団とインディアナ州の海軍水上戦センタークレーンディビジョンに配備され、それには海軍の特殊部隊「Navy SEALs」も含まれるという。

 米シンクタンク「民主主義防衛財団」軍事・政治権力センターのブラッドリー・ボーマンシニアディレクターは中国製設備の購入について、「危険で無謀なギャンブル」と断じ、「議会でさらに調査するべき時期だ」と提言している。こうした批判に対し軍は、セキュリティ対策としてソフトウェアを開発して実装しているとしているが、特殊作戦司令部のスポークスマンであるジェニファー・ボカネグラ陸軍将校は書面で「安全上の理由から、セキュリティソフトに関する詳細は公表できない」と回答している。

 しかも、米中貿易戦争が激化している最中の今年6月28日、米国防総省は「トレーニングオペレーション」を目的にDJI製品の購入を承認している。世界を巻き込みながらファーウェイ製品を厳しく排除している中、奇妙な行動に映るが、それだけドローンを国内調達することが難しいことを証明しているといえる。現代の軍事行動においてドローンは欠かせない存在になっているだけに、中国政府が今後、ドローンの対米禁輸を外交カードとしてチラつかせてくる可能性もある!?

文=大橋史彦

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

安全保障を口実にファーウェイ製品を排除する一方で米国の矛盾……米軍無人機は中国製だらけの実態!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル