10月4日は不世出の歌姫ジャニス・ジョプリンが死亡した日! アルバム録音中のヘロイン過剰摂取で夭折…僅か5年で“生きる伝説”に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
10月4日は不世出の歌姫ジャニス・ジョプリンが死亡した日! アルバム録音中のヘロイン過剰摂取で夭折…僅か5年で生きる伝説にの画像1
(写真はWikipedia Janis Joplinより使用。Public Domain)

『ジャニス・ジョプリンの宣材写真』1970年撮影

 1970年10月4日は、不世出の歌姫、ジャニス・ジョプリンが死亡した日である。


 無名のシンガーとして「ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー」に参加した1966年以降、死後発売されるアルバム『Pearl』を録音中にヘロインの過剰摂取で死亡した1970年まで、たった5年という期間で驚くべき社会的影響を与えるに至った“生きる伝説”であったジャニス。


 ヒッピームーブメント全盛期に開催された1969年の「ウッドストック・フェスティバル」に出演し、時代の寵児として爆発的人気を得たジャニスであったが、常時嗜好していた過剰なドラッグとアルコールによって、27歳でその短すぎる人生を終えた。


 彼女の死後、1971年発売の『Pearl』には、彼女の歌を吹き込めなかった『Buried Alive In The Blues(生きながらブルースに葬られ)』が、また、リハーサルのアカペラ音源である『Mercedes Benz(ベンツが欲しい)』等が収録されており、突然死の雰囲気が生々しく記憶されている作品でもある。


 しかし、どこか不完全でありながらも『Pearl』の音楽的な評価はロック史上に於いても燦然と輝くものであり、存在感、他のアーティストへの影響力という意味では、そこに並ぶものはないほどの名盤として知られている。


 彼女の残した作品群の輝きは、50年近くが経った現在も色褪せるものではない。


 果たして、27歳という彼女の人生の短さは、永遠とも思える作品群を残すことのできた彼女にとって、“不幸”であったといえるのだろうか。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。