【朗報】エロ賢い「AIフェラマシーン」が爆誕! 個人の快楽をディープに学習し、歓悦に導く“フルAI体験モード”がヤバい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
【朗報】エロ賢い「AIフェラマシーン」が爆誕! 個人の快楽をディープに学習し、歓悦に導くフルAI体験モードがヤバい!の画像1
画像は「Autoblow」より

 性行為の前戯としておそらく人気ナンバーワンのフェラチオ。男性器を口や舌で刺激し、生殖とは無関係に男性の快感のためだけにある行為だ。その歴史は古く、4-5世紀に成立したとされるインドの性愛論書『カーマ・スートラ』を始め、南米の古代文化でもフェラチオする人物の土器が発掘されている。日本でも「尺八」「雁が音」というフェラチオを指す言葉が古くからあり、平安時代にも行われていてことが示唆されている。

 かくも世界の性文化に深く根差している行為だが、科学技術全盛の今、フェラチオが新たな進化を遂げている。

 英紙「Daily Star」(10月3日付)によると、男性の思考を読み取り、完全な快感をもたらしてくれる「AIフェラマシーン」が開発されたという。遠隔操作のセックストイ「テレディルドニクス」、「VRポルノ」、「セックスロボット」など、技術と性の融合が進む中、出るべくして出たと言うべきだろうか。

【朗報】エロ賢い「AIフェラマシーン」が爆誕! 個人の快楽をディープに学習し、歓悦に導くフルAI体験モードがヤバい!の画像2
画像は「Daily Star」より

 これを待ち望んでいた男性はやはり大勢いたようで、開発資金を募ったクラウドファンディングでは、64カ国5500人の男性から募金があり、75万5千ドル(約8000万円)が集まったというから驚きだ。

 開発チームは1000時間ものフェラチオ動画を鑑賞し、完璧なフェラチオを追求。その結果をもとにAI研究者とともに「Autoblow AI」を開発したという。自動フェラマシーンのパイオニアであるブライアン・スロアン氏は次のように語っている。

「12年前、私が初めて自動フェラマシーンを売り出した時、多くの男性は安いプラスチックチューブにはめ込まれた不衛生なゴム製の尻にナニを入れていました。それに私はショックを受け、自動フェラマシーン開発に人生を捧げようと思ったのです。世の男性諸君の孤独な性的体験を本物に近づけ、より深い喜びと射精後の満足感を味わってもらいたかったのです。この重大な課題を解決するため、私の会社にAIの力を導入できたことを誇りに思います」(スロアン氏)

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年10月7日 14:30 | 返信

現在開発中の製品は、モニカルインスキーさんの動きを再現
これであなたもクリントン大統領と同じ気分になれます

嘘です。

モニカルインスキーは今は金持ちなんだってよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。