【閲覧注意】パリ人肉事件 ・佐川一政の“血を分けた弟”、自らも抱える2つの“忌わしい性癖”を本人が解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

※2ページ目にやや刺激的な写真を含みます

右写真:河西遼

――パリでオランダ人女性を殺害し、人肉を食べた佐川一政の今を捉えたドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』。本作でひと際目をひいたのが、佐川一政と双子のように育ったという弟、純さんだった。兄が抱える“カニバリズム”とはまた違った、ヤバすぎるフェチズムを抱えて生きてきたことを映画内で初告白した純さん。その純さんが、初めてトカナに寄稿する。

■僕の忌まわしい性癖

 フェチズムとは? と問われると、一般的な意味としては説明できないが、あくまでも僕の事で良ければ聞いてほしい。ネット社会である今日、いつでも知りたい事を検索によって知る事ができるようになったが、一方そんな中で検索しても、自分の疑問に答えを出してもらえるか、というとそうはいかない事がある。その一つが『フェチズム』である。僕の忌わしい性癖には大雑把に2つある。ひとつは苦痛願望である。

カニバの弟(東京キララ社)

 僕の著書『カニバの弟』を読んだ方はご存知だろうが、知らない方の為に少しだけ説明してみよう。

・二の腕苦痛フェチ
 それは3歳ぐらいの時、自分の上腕部に違和感を感じたことから始まった。一本の輪ゴムだった。なんでそんな場所に輪ゴムがはまっていたか? だが、まさか自分ではめたとは思えないなので、誰かが故意にはめたとしか考えられない。しかし、その輪ゴムがはまっている事で、取りたいとは思わず、むしろそのままにしておきたかった。何故か、それは“心地が良かった”からである。それが運命の別れ際だった。ギュッと締まってくる感覚はなんとも言えず気持ち良かったのだ。それ以来、輪ゴム以外の、腕にはまるような形状をした物を身の回りに探し、それを上腕部にはめる様になっていた。それが正に僕にとっての“フェチ”の始まりだった。もちろんそれは性的な感覚ではなかった。しかし、ずっと時間が経って思春期頃になると性的に結びついていく事になる。その“性”と結びついた事がフェチズムの証と言える。

 

・寒冷フェチ
 そしてもう一つのフェチが寒冷フェチである。3歳で二の腕苦痛フェチになったのと比べると、こちらの方はいつ何時に、と問われるとはっきりした答えが出ない。おそらく二の腕苦痛フェチを体が覚えていたのと無関係ではないと思う。何故かと言うと二の腕には“苦痛”を受け入れるのと同時に“熱い”事も同時に受け入れたからだ。それは虫眼鏡で太陽の光を二の腕に集めて焼くとまたそれも気持ちがいい事が判明したからだ。冷たいも熱いも痛いも、それらは全部心地の良い事として体が、と言うより脳が勘違いして受け入れる様になってしまったのだ。雪が降ればそこに体を横たえる。冷たい感覚が脳を刺激して性的に気持ち良くなるという構造だ。冷たいシャワーを浴びる事も日常となった。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

7:匿名 2019年10月11日 22:34 | 返信

やっぱり目がイッテルな。怖~

6:匿名 2019年10月11日 22:30 | 返信

>> 4

確かにそうだね。
でもいちいちスルー出来ず引っかかってたら大変でしょ。ボーダー君。

5:匿名 2019年10月11日 22:27 | 返信

兄弟揃ってこの自己顕示欲。
フェチそのものよりメディアに出たがるのが恐ろしい。
呪われた血筋。

4:匿名 2019年10月11日 09:21 | 返信

そんな事より「性癖」じゃなくて「性的嗜好や或いは「フェチシズム」な。

3:匿名 2019年10月11日 06:49 | 返信

きもちわりー

2:匿名 2019年10月11日 00:41 | 返信

最近のトカナ糞つまんないってばよ!

1:匿名 2019年10月10日 23:15 | 返信

映画の宣伝おつ
読んでないけど
もういいです

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?