10月9日は革命家、チェ・ゲバラが銃殺された日! 死に様もカッコいい…「撃て臆病者、おまえはただの男を撃つだけなんだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
10月9日は革命家、チェ・ゲバラが銃殺された日! 死に様もカッコいい…「撃て臆病者、おまえはただの男を撃つだけなんだ」の画像1
(写真はWikipedia Che Guevaraより使用)

『死の直前、ボリビアの田舎町でのチェ・ゲバラ』

 1967年10月9日は、アルゼンチンに生まれ「キューバ革命」を先導した革命家、チェ・ゲバラがボリビアの山中で捕らえられた後に射殺された日である。


 1959年にフィデル・カストロとともにキューバを社会主義化した「キューバ革命」に成功したゲバラ。


 その後に国立銀行総裁、国連での主席等の要職を任されたもののキューバを離れ、革命を起こすためにコンゴに渡るが失敗。


 その直後、新たなアメリカ大陸革命の拠点として選んだボリビアに渡り革命を目論むが、国内外からの支援も滞り孤独な戦いとなった。


 そして1967年10月8日にアンデス山脈チューロ渓谷で20人程度の小隊で移動中に、政府軍の大軍の襲撃により身柄を拘束された。


 身柄拘束後に近郊のイゲラ村の小学校に移送されたゲバラは、翌日大統領レネ・バリエントス・オルトゥーニョの命により射殺された。


 数発の弾丸を受けながらも絶命しないゲバラは狙撃者に向かい「撃て臆病者、おまえはただの男を撃つだけなんだ」と叫び、9発もの弾丸を浴びて初めて絶命したという。


 その死に方さえも革命家としてのイメージを損なうことのなかったゲバラは、死してなお世界中の反米主義者の間ではカリスマとして称えられ、現在は彼の命が消失したボリビアですら聖人のように崇められている。


 無論、革命の拠点となったキューバでは空前絶後の英雄であるが、死後、キューバ人写真家アルベルト・コルダにより制作されたゲバラの肖像『英雄的ゲリラ』はTシャツをはじめとして大量にコピーされた革命的アイコンとして世界中で今も増え続けている。


 そのあまりのカリスマ性をかき消すために、ボリビア政府軍は処刑後にゲバラの死体写真を公表せざるを得なかったが、現在から振り返ると、その効果はあまりにも薄かったといわざるを得ない。
死してなお人々の心に生き続けるチェの名は、もはや永遠に「革命家」の言葉と同義なのである。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

3:匿名 2019年10月11日 01:59 | 返信

ただのテロリスト

2:匿名 2019年10月9日 09:50 | 返信

この人に憧れる人は多いだろう

1:匿名 2019年10月9日 09:00 | 返信

穢れ仕事はカストロに押し付けて本人は腐敗する前に死んだから死後も英雄として輝き続けることができるといえる

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。