10月11日は20世紀を代表する2人のアーティストがほぼ同時に死亡した日! 国民的歌手エディット・ピアフ、小説家ジャン・コクトー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
(写真はWikipedia Édith Piaf, Jean Cocteauより使用)

『1923年のジャン・コクトーの肖像(写真左)と1962年、ロッテルダムで出演するエディット・ピアフ』

 1963年10月11日は、20世紀のフランスを代表する男女2人のアーティストが、ほぼ同時に死亡した日である。


 片や不朽の名曲『Hymne à l’amour(愛の讃歌)』で知られるフランスの国民的歌手、エディット・ピアフ。


 そしてもう一方は小説家・詩人・映画監督という多才さで知られるアーティストであり、代表作『恐るべき子供たち』で知られるジャン・コクトー。


 1940年にはピアフのための演劇『Le Bel Indifferent』をコクトーが作ったように、公私ともに交流のある二人であった。


 そして1963年10月11日に、ピアフが肝臓ガンで死亡すると、そのニュースを聞いたコクトーは激しく落ち込み(ピアフの死が公表されたのは10月12日)、その同日の晩、寝床に就くとそのまま心臓発作で死亡したという。


 ピアフは47歳、コクトーは74歳という生涯だった。


 それぞれの活動を通じ、生前は世界的ともいえる絶大な影響力を人々に与えてきた二人だけに、お互いへの影響力もまた、途轍もなく大きかったのであろう。


 日本にも「病は気から」という慣用句があるが、「死もまた気から」とでもいうかのようなこの連鎖的な悲劇は、《他人の死が伝染する》というひとつの珍しい《不幸》である。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。