10月13日は『ちびくろサンボ』の作者ヘレン・バンナーマンが死亡した日! 人種差別との関連性が指摘され、発禁本の代表格へ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
10月13日は『ちびくろサンボ』の作者ヘレン・バンナーマンが死亡した日! 人種差別との関連性が指摘され、発禁本の代表格へ…の画像1
(写真はWikipedia The Story of Little Black Sambo より使用。)

『1900年に出版されたアメリカ版「The Story of Little Black Sambo」の表紙』

 1946年10月13日は、『The Story of Little Black Sambo(ちびくろサンボ)』の作者として知られる児童文学作家のヘレン・バンナーマンが死亡した日である。


 世界的には“出版禁止”の本として知られる『ちびくろサンボ』であるが、その原作はイギリス陸軍医の夫とインドに滞在していた際に娘たちのために作った物語であり、主人公のサンボはインド人の少年という設定であった。


 しかし、著作権意識の薄かった出版当時は、写真のようにサンボを黒人の少年の設定にして各地で出版されることが多くなり、日本でもそれは同様であった。


 その典型的な黒人像が、1970年代の黒人たちによる公民権運動の高まりとともに差別的であると標的にされ、『ちびくろサンボ』は発禁本の代表格として語られることになったのである。


 作品自体の持つ普遍的な魅力が、大量のコピーを出回らせることに繋がり、その結果《差別》のレッテルを貼られることに繋がったのは、なんとも皮肉な結果である。


 しかし、厳密には“発禁”であることはなく、あくまでも出版社による自主規制で発売を自粛していた時期があるというのが実情であった。


 現在も母が子に贈った『ちびくろサンボ』は世界中の家庭でその素晴らしさを発揮している作品であるが、その歴史には《不幸》な瞬間があったことも記憶しておくべきだろう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

1:トランプ大統領 2019年10月13日 10:12 | 返信

インド人ならば、トラのバターでカレーを作らないのか?パンケーキというのが白人ぽい。
しかも親父の名前がケニアぽいので、黒人を全部同じと捉えているのか、いい加減である。しかし、この作品はトータルで見ると私のイメージで作られた物に違いない。何故なら、私は弥生系のチョンに黒人扱いをされているし、トラやサルは私のイメージキャラクターであり、作者が13日に亡くなったというのが意図的に殺されていて、13は私の番号であるからして、この作品は本物のユダヤ人を描いた作品なのではないかと思う。双子が産まれたのも、私に関連しており、チョンと俺を描いた物だろう。なんでチョンが、隣に居て嫌がらせをして来るのか!といえばそいつは人間では無く元々サポートAIであり、頭がおかしくなって恨みを抱き始めキチガイになり、日本人を貶め始め、終末思想でドッペルゲンガーとして乗っ取る為に双子と位置付けて隣にいるのだ!全く使えないばかりか、足を引っ張るゴキブリ、人食い宇宙人と言えるので駆除と不良品を除外した物は隔離病棟に閉じ込めて、管理修整をしなければならん。青と白のユダヤ人というのは白がロボットで頭がおかしくバーソロミュー・くまの様になってしまったので、もはや人間では無いし、いや、元々人間では無いのだろう。俺に似ていないのでタダのチョンに過ぎんが、人種差別で日本人が貶められている事は間違いない事は言える。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。