10月15日は独仏二重スパイの美女マタ・ハリが銃殺された日! ダンサー、高級娼婦として活躍、処刑官が目隠しするほどの美貌

10月15日は独仏二重スパイの美女マタ・ハリが銃殺された日! ダンサー、高級娼婦として活躍、処刑官が目隠しするほどの美貌の画像1
(写真はWikipedia Mata Hariより使用。Public Domain)

『頭に宝石の飾りをつけたマタ・ハリ(1910年撮影)』

 1917年10月15日は、第一次大戦中にフランス、ドイツ間で二重スパイとして活躍したといわれる妖艶なダンサー、マタ・ハリがフランス軍により銃殺刑に処された日である。


 マレー系オランダ人としてレーワルデンに生まれたマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレは、パリに移り住み、“ジャワ島からやってきたダンサー、ストリッパー”として「マタ・ハリ」を名乗った。


 同時に、軍人、政治家などを顧客に持つ高級娼婦として活躍したために、ドイツ、フランス両国の要人たちの秘密を見聞きする機会が多く、それに目を付けた両国が、彼女をスパイとして政治利用したという。


 具体的な秘密漏洩の記録は残っておらず、国家レベルのメインで動いていたスパイではなかったというのが現在わかっているところであるが、ドイツ軍のスペイン駐在官が、彼女をドイツのスパイ「H-21」という暗号で通信したところをフランス軍が解読したことは事実であり、実際にスパイであったということすら怪しかったが、戦況が不利であったフランス軍にとっては、そのスケープゴートとしてマタ・ハリを逮捕したとも言われている。


 その処刑にあたっては、数々の都市伝説的な逸話が残っており、「その美貌に惑わされないように銃殺者が目隠しをした」「銃殺者に投げキッスをした」等、なかば真実とは思えないような脚色がされているが、それらも女スパイの《悲劇的な死》を、一際妖しいものとして彩っている。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ