電通局長の逮捕、「殴る」→「叩く」に読売新聞が表現変更! 電通タブー発動か…ネット民「忖度したのか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

画像は、TBSニュースより

 

 活字メディアにとって3大タブーと言えば、トヨタとセブンイレブンと電通だ。簡単に言ってしまえば、トヨタはメディアにとって大広告主であり、セブンイレブンは大事な販売網であるコンビニ業界のトップ。そして電通は企業とクライアントを繋ぐだけでなく、日本そのものの“設計図”を作っていると言っても過言ではないほどの“力”を持つ。

 そんな電通の幹部社員が現行犯逮捕された。連行されたのは電通の新聞局長・吉野純容疑者(51)。神奈川県警港北によると、吉野容疑者は13日午後10時15分頃、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本対スコットランド戦が行われた横浜国際総合競技場の敷地内で、警備員のアルバイトをしていた大学3年の男子学生(21)の左頬を右手で“1回叩いた”疑いが持たれている。現場近くにいた警察官がその場で取り押さえた。

 吉野容疑者はW杯の観戦の帰りで、観客誘導用の柵をずらして前の人を追い抜こうとした際、警備員に注意されて腹を立てたという。吉野容疑者は会場で酒を飲んでいたといい、調べに対し「叩いていません」と容疑を否認している。

 これについて、奇妙なニュースがツイッターで話題になっている。読売新聞が本日13時に最初に配信した記事には「吉野容疑者が殴った」と書いてあったものの、すぐさま「叩く」に修正されて再配信されたというのだ。

 これについて、ネットでは「電通タブー」「電通への忖度では?」という書き込みが散見されるが、実際にはどうなのだろうか。

「この事件に関しても、電通タブーが発動するのではとみられていましたが、実のところ、もう事件化されてしまったし、これだけ報じられたのでは圧力をかけようがないというのが今の電通の状況だそう。なので、実際に左頬を右手で1回叩いたという事実も正しいのでしょう。殴る→たたくに瞬時にしたのは、単純にミスだったはずです。

 たたくでも殴るでも、暴行罪の容疑に変わりはないですが、読者に与える印象の違いも大きいですし、読売は焦ったでしょうね。天下の電通を報じて、そのうえミスるとは。まあ、この件に関しては微罪といえば微罪なのでこれ以上大きく報じられることはないと思いますよ」(大手週刊誌記者)

「ただ、電通にはほかにも“危険社員”が多数在籍しているとはいわれています。8月、有名ヘアメイクアップアーティストの「Jun Jun(ジュンジュン)」こと韓国籍の李惇源容疑者(リ・ドンウォン 別名=岩本惇源) がタクシー内でコカイン0.173グラムを所持した麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたましたが、彼と遊んでいたのはイベンターと大手代理店のチャラ男社員。そこに電通の社員も含まれている可能性があると噂です」(大手週刊誌記者)

 とはいえ、今回の事件に至っては、どうやら電通のプレッシャーではなく、読売側の単純なミスのようだ。

 

編集部

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年10月16日 23:15 | 返信

3
加害者が堂々とイキんな!社会のゴミが!
ゴミはゴミらしくゴミ箱(豚箱、刑務所)にでも入ってろ!

3:匿名 2019年10月16日 22:35 | 返信

ハイハイ。できもしねぇのにこんなとこでイキるな‼️

2:匿名 2019年10月15日 21:13 | 返信

A.張っ倒して来い!
B.とりあえず話だけでも
C.やめとけ

1:匿名 2019年10月15日 21:06 | 返信

すぐそこの駐車場でたむろしてる舐めた連中に突してきていいか?
本当に舐めたどうしようもない連中。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。