10月16日はイタリアの音楽家カルロ・ジェズアルドが妻と不倫相手を性行為中に惨殺した日!

10月16日はイタリアの音楽家カルロ・ジェズアルドが妻と不倫相手を性行為中に惨殺した日! 晩年は罪の意識に苛まれ、自らを鞭打ち…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
(画像はWikipedia Carlo Gesualdoより使用。作者不明。Public Domain)

『カルロ・ジェズアルドの肖像画』

 1590年10月16日は、イタリアの音楽家、カルロ・ジェズアルドが、妻マリアとその不倫相手、アンドリア公ファブリツィオ・カラーファをセックスの最中に惨殺した日である。


 代表曲『Beltà, poi che t’assenti(美しい人よ、貴女がいないと)』等、大胆な半音階技法を取り入れた実験的な作曲法で知られる後期ルネサンスの作曲家であり、ヴェノーザの貴族であったジェズアルド。


 妻マリアとカラーファの不倫関係に気付いていたため、1590年10月16日に狩りの旅行に出かけると言い残し、ナポリで逢い引きをしていたふたりの寝室に手下たちを引き連れて乗り込むと、そのベッドの上でふたりを殺害した。


 その際、傍らにいた自らの赤子すらも殺したとも言われている。


 当時としては、不貞の妻を殺害する行為自体、さほど珍しい行為ではなかったとされるが、男性への報復行為としては一対一の決闘が通例であったために、ジェズアルドのやり方は衝撃をもって批判の対象となった。


 しかし、貴族の身分であったためにその罪は不問とされた。


 晩年は殺人の記憶に苛まれ、自らを鞭打つための使用人を雇っていたとも言われ、マリアとの間に生まれた長男であるエマニュエレの死んだ3週間後の1613年9月8日に47歳で亡くなった。


 殺人を犯してしまった著名な芸術家としては、他にカラヴァッジョの例が挙げられるが、他にそのような例は多く見つからず、そのどちらもルネサンス期のイタリアに生きた人物である。


 それがただの偶然の一致であるのかは不明だが、時として一般社会の規範から溢れ出てしまうような情熱と才能が、その時のイタリアに存在したということの証明なのかもしれない。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。