城島茂は50歳なのに無理しすぎ!? 首の捻挫、鼓膜損傷…収録中に事故が起きた番組4つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
画像は、「吉本興業」公式サイトより

 バラエティ番組などでは出演者が体を張る場面も少なくないが、時には笑えない“事故”になってしまうことも。最近では『笑いが無理なら体張れ』(TBS系)で負傷者が出てしまい物議を醸していた。

 TBSの発表によると、番組ではローションを塗ったターンテーブルの上でジャンプをする企画を実施。上に吊るされた賞金を掴めばゲットできるという趣旨だったが、撮影中にお笑いトリオ“ネルソンズ”の青山フォール勝ち(33)が全治8週間のけがを負ってしまったという。これにネット上では「やる前から危ないってわかる企画」「こんなことやらせるべきじゃない」といった声が。また「そもそも『笑いが無理なら体張れ』っていう番組名自体が今の時代に合ってない」などとも指摘されている。

 今回はそんな『笑いが無理なら体張れ』のように、収録中に事故が起きた番組を紹介していこう。

 

●『ウルトラマンDASH』

画像は、「TOKIO」公式サイトより

 まずは今年の元日に放送された『ウルトラマンDASH』(日本テレビ系)。同番組の収録中にTOKIOの城島茂(48)がはしごを使ったパフォーマンスの練習をしていたのだが、はしごに背中をぶつけて腰椎突起部分にひびが入るけがをしてしまった。これにネット上では「リーダーがんばりすぎでしょ」「もうすぐ50歳なのに無理しすぎ」といった声が。また「収録中にけがさせるなよ」と、番組の安全管理を疑う人も少なくない。

 そんな中で城島は、ファンに心配をかけたことを謝りつつ「はしごのパフォーマンスで病院を“はしご”するとは」とコメント。相変わらずのダジャレを披露しており、「こんな時でもダジャレを欠かさないリーダーさすがすぎる!」「元気そうで安心した」「『ファンを不安にさせない』っていう思いが伝わるダジャレ」と賞賛されていた。ダジャレのクオリティーは“大けが”だったかもしれないが…。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。