10月17日はスウェーデンを代表する探検家サロモン・アウグスト・アンドレーの推定死亡日! 生肉を食べ、寄生虫に感染し…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
10月17日はスウェーデンを代表する探検家サロモン・アウグスト・アンドレーの推定死亡日! 生肉を食べ、寄生虫に感染し...の画像1
(画像はWikipedia Salomon August Andréeより使用。Public Domain)

『エルネン号とアンドレーの探検隊』撮影=ニルス・ストリンドベリ

 1897年10月17日は、スウェーデンを代表する探検家、サロモン・アウグスト・アンドレーが死亡したといわれている日である。


 北極点に人類が最初に到達したのは、アメリカの探検家ロバート・ピアリーらが犬ぞりで1909年4月6日に達成したというのが現在までの定説であるが(近年は捏造説が有力で、1924年に飛行船で北極横断飛行をしたノルウェーのロアール・アムンセンが最初といわれている)、それ以前は、多くの挑戦者たちが死屍累々の山を築いてきた。


 その敗れ去った挑戦者たちの中でも、一際珍しい亡くなり方をしたのが水素気球エルネン号(鷲の意味)で挑戦したアンドレーである。


 1896年夏に最初の挑戦に失敗したアンドレーは、翌年7月11日に、改めてノルウェーのスピッツベルゲン島から北極飛行に出発。しかし、その飛行中に2回の伝書鳩による手紙を最後に、消息を絶った。


 アンドレーの探検隊一行の失敗が判明したのは、30年以上が経過した1930年のこと。クヴィト島でアザラシ猟をしていた人物によりアンドレーらの野営跡が発見され、その後の大規模な捜索の結果、アンドレーの探検隊3人の遺体が発見された。


 その遺留品にはカメラマンのニルス・ストリンドベリが撮影した写真と(写真大)、その道程を書き留めた日記があった。


 その日記から、エルネン号は出発からわずか3日で流氷の上に落下してしまったことと、そのまま徒歩でスピッツベルゲンへ戻る途中に3人とも死亡したことが判明した(最後の日記が10月17日)。


 そしてその日記の中に記された腹痛と下痢、足の痛み等の身体的不調により、アンドレーの一行は、ホッキョクグマの肉を生食したことにより旋毛虫症の感染で死亡したと推測されている。なお、ほぼ同時期に北極を探検から無事生還したノルウェーのフリチョフ・ナンセンらの探検隊は、ホッキョクグマの肉を加熱調理していたことから無事生還できたといわれている。


 グーグルマップで未踏の地ですらすぐに見ることができる現在からすれば想像しがたいが、人類の英知がいまだ地球の全域をカバーしていなかった時代には、多くの地球と人間との、《格闘の物語》がある。


 北極点到達という試練に於いて、それは航路との格闘であり、移動手段との格闘であったのだが、その先の食事にまでその苦闘は及んでいたのである。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメント

1:匿名 2019年10月17日 08:39 | 返信

肉には火を通せという教訓だ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。