10月18日はソ連のスパイ「ゾルゲ諜報団」が一斉逮捕された日! スターリンから無視され続けた悲劇の“英雄”、日本人スパイの存在も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
10月18日はソ連のスパイ「ゾルゲ諜報団」が一斉逮捕された日! スターリンから無視され続けた悲劇の英雄、日本人スパイの存在も…の画像1
(写真はWikipedia リヒャルト・ゾルゲより。Public Domain)

『ゾルゲをモチーフにしたソ連の記念切手(1965年)』

 1941年10月18日は、ソ連のスパイ、リヒャルト・ゾルゲを中心としたゾルゲ諜報団による「ゾルゲ事件」が発覚し、団員が一斉逮捕された日である。


 マックス・クラウゼン(ソ連人スパイ)、尾崎秀実(朝日新聞記者)、ブランコ・ド・ヴーケリッチ(ユーゴスラビア人スパイ)らとともに日独連合軍の情報を本国に送っていたゾルゲは、アメリカ共産党員の北林トモの逮捕から芋づる式に捕らえられた。


 しかし、死地で得たその貴重な諜報活動にもかかわらず、当時のソ連書記長のスターリンからは“二重スパイ”の嫌疑をかけられていたために無視をされていたという。


「ゾルゲ事件」発覚後の処刑直前に発した「ソビエト赤軍、国際共産主義万歳」の言葉が、祖国からも見捨てられた状態のスパイによるものであったと考えると、一層悲哀を帯びてくる。


 信念を貫いて国のために命を捨てたスパイと、それを省みない祖国。


 スターリン体勢の終局後、祖国ソ連ではその働きに関し“日独との直接会戦を防いだ英雄”として評価されるようになり、記念切手が発売されるほどの国民的英雄となったが、果たしてその孤独なスパイの魂はその死後、救われたのであろうか?

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。