V6森田剛、AV女優との熱愛で株を上げた一言とは!? 芸能界のタブーを破った芸能人4人!

V6森田剛、AV女優との熱愛で株を上げた一言とは!?  芸能界のタブーを破った芸能人4人!の画像1
画像は、「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ (東京ドーム最終公演+25周年沖縄ライブ)(Blu-ray Disc2枚組)(通常盤)」Amazon公式サイトより

 芸能界には暗黙の“タブー”がいくつか存在する。去年歌手を引退した安室奈美恵(42)は、過去に芸能界のタブーを犯していた。

 いわゆる“独立騒動”と呼ばれている事件が起こったのは2014年のこと。安室は当時所属していた事務所「ライジングプロダクション」を離脱し、エイベックス系列の「Dimension Point」に移籍。まだ契約期間が満了していない状態で、「独立したい」「これでは奴隷契約」などと一方的に訴えたという。

 通常ならば芸能界から干されてしまうところだが、安室は新しい事務所で引退まで歌い続けた。一連の騒動にネット上からは、「ホントによく干されなかったよな」「契約の問題は難しいからね」との声が相次いでいる。

 今回は安室のように、芸能界のタブーを破った芸能人たちをご紹介しよう。

●森田剛

V6森田剛、AV女優との熱愛で株を上げた一言とは!?  芸能界のタブーを破った芸能人4人!の画像2
画像は、「V6」オフィシャルサイトより

 アイドルグループV6の森田剛(40)。14年発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では森田の熱愛疑惑が報じられている。相手はAV女優の美雪ありす(32)で、当時半同棲状態だったという。その真相を探るべく「週刊女性」の記者とカメラマンは、森田の自宅マンション前で突撃取材を行っていた。

 記者の「美雪ありすさんと同棲していますよね?」との質問に、森田は「してないっす。ちょっと待ってて、オレ逃げないから」と返答。その後記者が彼女の職業について尋ねようとした際、「職業は関係ない! みんないっしょ」と答えている。基本的にジャニーズは、週刊誌のインタビューに答える事は御法度らしい。タブーを冒してまで彼女を守ろうとした姿勢に「男らしい!」などの声が上がり、森田の好感度は一気に上昇した。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ