木村拓哉や新垣結衣…“頭の悪さ”を露呈した芸能人4人! 地頭は悪くないはずなのに!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
木村拓哉や新垣結衣…頭の悪さを露呈した芸能人4人! 地頭は悪くないはずなのに!?の画像1
画像は、「石原プロモーション」公式サイトより

 今年9月放送の『衝撃のアノ人に会ってみた!』(日本テレビ系)に、昭和の大スター・舘ひろし(69)が出演。名作ドラマ『あぶない刑事』(日本テレビ系)に出演していた頃の裏話を語り、視聴者を驚かせていた。

 番組では学生の頃『あぶない刑事』の大ファンだったという上田晋也(49)が、舘のサングラスに対する憧れを熱弁。当時は学校にサングラスをかけて登校するほど影響されていたという。そんな舘のトレードマークとして知られるサングラスだが、彼は「サングラスしてこのへんにカンペがあるのを見ながら(演技をしていた)」と告白。3行以上台詞が覚えられなかった舘は、サングラスをして“カンペを見る視線”を隠していたのだそうだ。これにネット上では「あのサングラスにそんな意味が…」「全くダンディじゃない!」といった声が。

 今回はそんな舘のように、お茶目な頭の悪さが発覚した芸能人たちを紹介していこう。

 

●浜辺美波

木村拓哉や新垣結衣…頭の悪さを露呈した芸能人4人! 地頭は悪くないはずなのに!?の画像2
画像は、「浜辺美波」公式Instagramより

 まずは今注目の若手女優・浜辺美波(19)。映画『君の膵臓をたべたい』に出演して一躍脚光を浴び、「第41回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞。その後も多くの注目作に出演しており、来年公開される実写映画『約束のネバーランド』にも抜擢された。そんな彼女は出演作を見る限り“おバカキャラ”という印象はなく、どちらかといえば知的なイメージ。しかし最近では番宣などでクイズ番組に出ることも多く、珍解答を連発している。

 例えば今年3月に放送された『ネプリーグ』(フジテレビ系)では、「氷山の一角」と答えるべき問題を「氷山の殻」と回答。また童謡「手のひらを太陽に」のタイトルは、「手のひらを生きろ」と間違えていた。その後の問題でも浜辺はミスを連発。視聴者の中には「こんなにおバカだったなんて…」とガッカリした人も多いようだったが、天然っぷりに魅了されたという声も。

コメント

3:匿名 2019年10月29日 22:50 | 返信

外人の(英語圏)友達や知り合いがいればわかると思うけど、あの人達じたいスペル間違えるし、携帯で調べることもあるよ。日本人が漢字読めるけど書けない字があるのと一緒。スペルミスぐらい気にする事じゃない。普段の生活なら。だけど。

2:匿名 2019年10月28日 12:10 | 返信

知能を表す数値を「群指数」と言うように、かしこさの種類も1つじゃない。
大きく分けて「動作性知能」と「言語性知能」があり、大抵どっちかが優勢になる。
動作性タイプは短期記憶やアドリブに長けるが、知識情報の蓄積や論理思考に弱い。
言語性タイプは学識高い知性派だが反射が遅く、他方の動作性知能とのギャップが大きいと会話や動作のテンポが悪く、アタマが悪そうに見える。
芸能人の多くは動作性優位タイプで、後は群指数それぞれの値によって得意分野が異なる。

1:匿名 2019年10月28日 09:36 | 返信

キムタクは料理番組をしてたクセに出汁(だし)を“でじる”と言っていたね~
いやぁ、おバカさんにも程があるわ笑
千葉で通ってた高校の偏差値は40そこそこだったし本物のおバカさんなんでしょうね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。