19世紀のフランスを代表する画家セザンヌが亡くなった日! 近代美術の祖が遺した奇妙な一枚の絵「オーヴェルの首吊り館」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
19世紀のフランスを代表する画家セザンヌが亡くなった日! 近代美術の祖が遺した奇妙な一枚の絵「オーヴェルの首吊り館」とは?の画像1
(画像はWikipedia Paul Cézanneより使用。Public Domain)

『ポール・セザンヌ作「La Maison du pendu, à Auvers(オーヴェルの首吊り館)」』(1872年頃の作品)

 1906年10月22日は、19世紀のフランスを代表する画家、ポール・セザンヌが死亡した日である。
当初は印象派の正統的作家と見なされていたが、独特の実験的な画風を取り入れ、ポスト印象派、そして20世紀近代美術の祖とも言われる新境地を開拓した人物として知られている。


 その印象派からの脱却を図る記念碑的作品として知られるのが1972年〜1973年頃に制作されたこの『La Maison du pendu, à Auvers(オーヴェルの首吊り館)』である。


 オーヴェルとはパリ北部にある小さな村、オーヴェル=シュル=オワーズのことであり、その地にはカミーユ・ピサロや、ファン・ゴッホを始めとして多くの芸術家たちが居を構えたことでも知られ、セザンヌも1970年頃からアトリエを構えていた。


 明るいタッチの風景画でありながら、入り組んだ坂道や木に邪魔されるようにして並んだ閉塞感のある家など、明らかにそれまでの作品とは一線を画した不思議な作品である。

 さらに加えて不思議なのが、この作品タイトル、“首吊り館”である。

 この作品は1874年にモネやドガらによって開催されたグループ展に出品された作品であるが、そのタイトルの理由は、現在に至るまで明らかにされていない(ちなみにゴッホがオーヴェルで死亡したのは1890年のことであり、死因は銃弾によるもの)。


 一説に拠れば「単にその屋敷が“首吊り館”と呼ばれていた」という理由も挙げられているが、この構図と当時のセザンヌの意欲的な発言を考えると、より過激で不吉な何かを想像してしまうというものだ。


 もはやセザンヌの代表作=クラシックとして今もオルセー美術館に収蔵されているこの作品であるが、その偉大なミステリーは未だ生き続けている。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。