10月23日はチェチェン独立派が「モスクワ劇場占拠事件」を起こした日! ”特殊部隊”が使用したガスで130人の人質が死亡…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
10月23日はチェチェン独立派が「モスクワ劇場占拠事件」を起こした日! 特殊部隊が使用したガスで130人の人質が死亡…の画像1
(画像はWikipedia Moscow theater hostage crisisより使用)

『モスクワ劇場占拠事件でデブロフカ・シアターに突撃するロシアの特殊部隊』

 2002年10月23日は、チェチェン共和国独立派による民間人を人質にとったテロ事件「モスクワ劇場占拠事件」が発生した日である。


 モスクワのデブロフカ・シアターに詰めかけた900人もの観衆を、50人ほどのチェチェン共和国独立派が人質にして立て籠もり、ロシア政府に対し、チェチェンからの撤退を求めて交渉に出たこのテロ事件。


 しかし、テロリズムに対して強硬な姿勢を見せるロシア政府は、交渉の裏側で早々に強行突入を準備しており、犯人・人質ともに疲労の色も強くなりつつあった交渉期限の26日朝に、特殊部隊が突撃し化学兵器による攻撃を敢行した。


 非致死性ガス「KOLOKOL-1」を散布して突入し、犯行グループ全員を射殺、その鎮圧に成功したとロシア政府は発表。


 しかし、当然ながら、人質にも化学兵器は効果を発揮し、大半の人物がその場に昏倒し、その救出時に窒息や心停止で死んだというものが大量に発生したため、なんと130人ほどの人質が死亡してしまったといわれている。


 そのあまりの犠牲者の数に、銃弾での犠牲者が出たという可能性も追求されたが、政府はその事実はないと否定。


 なにより気味の悪いことに、「KOLOKOL-1」の成分の詳細は未だに発表されていないのだ。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。