道端アンジェリカ、書類送検は「美人局」だから? 男をベロベロに酔わせて肉体を密着…“道端”ではなく“監獄”アンジェリカに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

夫逮捕の道端アンジェリカ「浮気の代償」で事件現場に同席か!?  恐喝金額にしては安すぎる理由も…の画像1
アンジェリカ流 無理をしない「べビ活」/光文社


 道端アンジェリカさんが逮捕寸前だったことは既に報じたが、遂に、夫キム・ジョンヒ容疑者が恐喝で逮捕された事件で、警視庁は現場に同席していた道端さんを書類送検した。

 これは身柄を拘束する必要は無いが、今後の判断を検察庁に委ねるという意味だ。

 この事件は、今年の8月に夫が経営する代官山の会員制バーに道端さんが元カレである被害者男性を連れて来たことに端を発する。

「店にやって来た2人はすでにベロベロに酔っぱらっていたようです。店の個室でさらに酒を飲んでいた2人は、夫が目を離した隙に体を密着させ、イチャつきだしたのです。後日、監視カメラの映像でその様子を確認した夫が激怒。元カレ男性に対して『鉛筆で目を刺すぞ』などと脅し35万円を自分の口座に振り込ませました。キム容疑者は『妻は関係ない』と供述していましたが、今回の書類送検を受けて現場に同席していた道端さんも恐喝に加担していたという疑惑が持ち上がっています」(芸能記者)

 当初からこの事件に関しては、道端アンジェリカさんと夫が仕掛けた“美人局”的な事件ではないかと一部でささやかれていた。そもそも、夫が経営するバーに元カレを連れて来る意味がわからないからだ。

「わざわざ元カレを夫の店に連れて行くでしょうか? 酒に酔わせてからあえて誘い込んだとしたら…。夫の言い分では、脅した35万円は『店での飲食費』と供述し否認していますが、それはそれである意味ぼったくりとも言えるでしょう。広い意味で妻を利用して多額の飲み代を得たとすれば、協力した道端さんの道徳的な意味は重いでしょうね」(前出記者)

 今回の件に関して、道端アンジェリカさんが夫と結託して引き起こしたものなのかは、ハッキリとした証拠はない。しかし芸能人として彼女が受けたダメージは計り知れないものある。ネットでは早くも道端アンジェリカではなく“監獄アンジェリカ”“豚箱アンジェリカ”などと揶揄されている。これまでのようにオシャレで華やかなイメージで活動を続けるのは困難だろう。

編集部

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年10月28日 14:13 | 返信

計り知れないものある。→✕
計り知れないものである。→○
なんじゃね?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。