10月24日は公民権運動の象徴的存在ローザ・パークスが亡くなった日! 歴史を変えたバス・ボイコット事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
10月24日は公民権運動の象徴的存在ローザ・パークスが亡くなった日! 歴史を変えたバス・ボイコット事件の画像1
(写真はWikipedia Rosa Parksより。Public Domain)

『キング牧師と写るローザ・パークス』

 2005年10月24日は、1950年代に発生したアメリカの黒人公民権運動の象徴的存在、ローザ・パークスが死亡した日である。


 彼女の存在は1951年12月1日に起きた“小さな戦い”、「モンゴメリー・バス・ボイコット事件」で後世に名を残すことになる。


 当時アラバマ州モンゴメリーの百貨店に勤務していた42歳の女性、ローザは仕事帰りのバスで、黒人席(有色人種席)の最前列に座っていた。


 当時アメリカの南部では、「ジム・クロウ法(Jim Crow laws)」なる人種分離法が施行されていたため、バスの中でもその座席は人種間で明確に区別されていたのだった。


 そして、その法律は白人優先の思想に基づいており、バスが白人で混雑した場合は、運転手の判断で後方にあった黒人席を最前列から一列減らすことができるというものであった。


 この日も白人のためにその措置がとられていたのだが、席を立った他の3人の黒人とは違い、ローザだけはその席を立つことはなかった。


 それは運転手のジェイムズ・ブレイクが警察に通報をすると警告しても変わることはなく、ローザはそのまま逮捕されたのである。


 このニュースは瞬く間にアメリカ全土を駆け巡り、そこに反応した活動家のエドガー・ニクソンはマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師らとともに、黒人たちによるバス乗車のボイコット運動を呼びかけた。


 すると、多くの市民がこれに応じ、モンゴメリーのバスは財政破綻寸前の事態にまで追い込まれ、1956年11月13日、アメリカの連邦最高裁判所はモンゴメリーの人種隔離政策に違憲判決を下したのであった。


 後年、勤務の疲れで立たなかったのではないかと訊ねられたローザは、「The only tired I was, was tired of giving in.(唯一の疲れは、降参することだけだった)」と語った。

 たったひとりの女性の威厳が、世界を変えることに繋がったのである。


 なお、1972年のこの日は、人種差別が存在していた創成期のメジャーリーグで“アフリカ系黒人初のメジャーリーガー”として活躍したプロ野球選手、ジャッキー・ロビンソンが死亡した日でもある。


 10月24日を、《アメリカでの人種差別と格闘した黒人の記念日》として記憶するのもよいだろう。

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメント

1:匿名 2019年10月24日 09:38 | 返信

おお凄い

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。