10月25日は天才詩人・原口統三が19歳で入水自殺した日! 死を定義し尽くした『二十歳のエチュード』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
10月25日は天才詩人・原口統三が19歳で入水自殺した日! 死を定義し尽くした『二十歳のエチュード』の画像1
(写真はWikipedia 原口統三より。Public Domain)

『1946年の原口統三』

 1946年10月25日は、当時第一高等学校3年の学生であった原口統三が、『二十歳のエチュード』を書き遺して逗子海岸で入水自殺をした日である。


 京城(現ソウル)に生まれ、その後も旧満州国内を転々としていた流浪の幼少期を過ごし、ランボーに激しく感化された原口は、同じ学校に通っていた後に詩人となる清岡卓行、後にフランス文学者となる橋本一明に影響を与えるような強烈な文学的才能を持っていたが、ほとんど誰とも交わらない学生であったという。


 そして、若くして《死》にとらわれた原口は、1946年の10月2日に自殺未遂事件を起こし、その同月の25日に改めて逗子の海岸で入水自殺をしている。


 そんな原口が、同級生の橋本に託した遺作『二十歳のエチュード』は、自死の前日の24日から当日にわたって記されたものである。


 ランボーの教えに傾倒しながらも、古今の著名人から自らの親友たちまでを引用し、明快に自らの死を定義してゆくこの作品は、とても死にゆく19歳の若者の手によるものとは思えぬほど強固な人生観を表現しきっており、1948年に橋本の編集により出版されて以来、多くの読者たちを魅了してきた。

「原口は人生に最初から失恋して生まれて来たような男だったよ」(原口統三著『二十歳のエチュード』より)

 そして19歳の詩人は、その絶望を笑って海に沈んだ。
 我々に人生の長さ、そして《死》というものを考えるに十分なヒントを残して——。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。