気象兵器が現実化している“確実な証拠”5つ! 台風・地震・津波…大学教授ら暴露まとめ!

 台風19号が去ってすぐ、21号が接近。低気圧の影響で、雨の降るところが多くなっている。東京都心部でも、強風と豪雨が吹き荒れている状況だ。

 また、台風15号や19号で被害を受けた地域では、二次災害の発生が懸念されている。こうした異常気象や気候変動がもたらす影響は地球規模で懸念されており、環境活動家のグレタ・トゥーンベリのスピーチが話題になったように、世界的にも環境にやさしい資源や製品が求めれている。

 しかし、一方で人類は気候を力でねじ伏せるという神の領域にまで手を出し、結果的に多大なる環境破壊につながりかねない技術に注力していることも確かだ。基本的には、敵国を陥れるための兵器として開発される「気象兵器」は、いずれ干ばつ防止などで平和的に利用される可能性もあるが、自国の利益のためだけに悪用される可能性の方が高く、実際に、「イラクがイランの雲を奪った」「ベトナム戦争で人工降雨が使用された」など、戦争において気象兵器が実際に使用されていることが指摘されている。にもかかわらず、気象兵器などそんなものは「陰謀論」の域を出ないとして信用しない人がほとんどだ。

 すべてが「気象兵器」による異常気象とはいわないが、我々は今後、すべての気候に対して人工的な操作が加わっていないかを見極めていかなければならない時代が必ずくるのだ。

 今回は気象コントロールの事実を集めた過去記事を紹介する。

気象兵器が現実化している確実な証拠5つ! 台風・地震・津波…大学教授ら暴露まとめ!の画像1画像は「Thinkstock」より引用


1、米軍はベトナム戦争時代から気象兵器を研究していた

 米・ニューヨーク市立大学教授で、著名なフューチャリストのミチオ・カク博士によると、米軍はベトナム戦争の頃より気象兵器、特に人工降雨技術を研究・実践してきたという。(詳しくはコチラ

 そして、恐ろしいことに2013年の時点で、カク博士は、「ハリケーン」や「洪水」を人工的に引き起こすことも可能だと語っているのだ。(詳しくはコチラ

 また少なくとも、かつて米国はハリケーンの制御技術を研究していたことが知られている。米政府は1962年〜1983年に、ハリケーンの目にヨウ化銀を散布することで勢力の減退を狙う「ストームフュリー計画」を実際に実施していたのだ。(詳しくはコチラ

人気連載
実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく世の中には、...

人気連載
あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

■あなたと感情 「ある女神が、“周囲には秘密にしているス...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ