【大雨・豪雨】気象兵器が現実化している“確実な証拠”5つ! 台風・地震・津波…大学教授ら暴露まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 台風19号が去ってすぐ、21号が接近。低気圧の影響で、雨の降るところが多くなっている。東京都心部でも、強風と豪雨が吹き荒れている状況だ。

 また、台風15号や19号で被害を受けた地域では、二次災害の発生が懸念されている。こうした異常気象や気候変動がもたらす影響は地球規模で懸念されており、環境活動家のグレタ・トゥーンベリのスピーチが話題になったように、世界的にも環境にやさしい資源や製品が求めれている。

 しかし、一方で人類は気候を力でねじ伏せるという神の領域にまで手を出し、結果的に多大なる環境破壊につながりかねない技術に注力していることも確かだ。基本的には、敵国を陥れるための兵器として開発される「気象兵器」は、いずれ干ばつ防止などで平和的に利用される可能性もあるが、自国の利益のためだけに悪用される可能性の方が高く、実際に、「イラクがイランの雲を奪った」「ベトナム戦争で人工降雨が使用された」など、戦争において気象兵器が実際に使用されていることが指摘されている。にもかかわらず、気象兵器などそんなものは「陰謀論」の域を出ないとして信用しない人がほとんどだ。

 すべてが「気象兵器」による異常気象とはいわないが、我々は今後、すべての気候に対して人工的な操作が加わっていないかを見極めていかなければならない時代が必ずくるのだ。

 今回は気象コントロールの事実を集めた過去記事を紹介する。

【台風19号】人工気象操作が現実化している確実な証拠5つ! 台風・地震・豪雨・津波…大学教授ら暴露まとめ!の画像2画像は「Thinkstock」より引用


1、米軍はベトナム戦争時代から気象兵器を研究していた

 米・ニューヨーク市立大学教授で、著名なフューチャリストのミチオ・カク博士によると、米軍はベトナム戦争の頃より気象兵器、特に人工降雨技術を研究・実践してきたという。(詳しくはコチラ

 そして、恐ろしいことに2013年の時点で、カク博士は、「ハリケーン」や「洪水」を人工的に引き起こすことも可能だと語っているのだ。(詳しくはコチラ

 また少なくとも、かつて米国はハリケーンの制御技術を研究していたことが知られている。米政府は1962年〜1983年に、ハリケーンの目にヨウ化銀を散布することで勢力の減退を狙う「ストームフュリー計画」を実際に実施していたのだ。(詳しくはコチラ

コメント

4:匿名 2019年10月27日 00:06 | 返信

3
HAARPで検索

3:匿名 2019年10月26日 23:13 | 返信

自由自在?ウェザーリポートかよ。
根拠もない迷信だね。人間は自然には勝てないんだよ。

2:匿名 2019年10月26日 15:09 | 返信

あのさ、、以前に中国でオリンピックが開催された時その当日が雨だとわかり中国政府は軍を総動員して気象を操作する薬(?)か何か撒いてたよね?そのおかげで当日は雲一つない青空の天気になったんだけど、現代の技術力をもってすれば気象を操作するなんて容易いこと。もちろん地震ですら自由自在。

1:トランプ大統領 2019年10月26日 12:44 | 返信

気象操作の証拠とは言えないが、研究しているというのは分かる。ハリケーンが余りにもヒドイから被害を食い止める為に必要性があるのだろう。私も魔術によってダブルタイフーンを完成させる事に成功した。ダブルタイフーンによって千葉県に多大なダメージを与え、私の事が好きでたまらないチンコ勃起させたホモ野郎を懲らしめたのである。前澤も神さまこれ以上、千葉県をイジメないでなどと言っているが、それは自業自得であろう。お前が破壊神であるこの私、水の女神を馬鹿にし貶めたからだ!お前の仲間でも何でも無いのに、仲間だ!などと言って擦寄り、ホモ行為を繰り返し、執拗に迫って来た。おかげでチョンの菌が移って肺や気管支がおかしくなった。ナベツネに追放された身分で良く出来たものだ。こんな精神異常者は殺すしかあるまい。本来ならば、更に追い打ちを掛けてトドメと行きたいところである。まだだ!まだ奴は生きている!今後はスーパータイフーンを作り出し千葉県を繰り返し攻撃して二度と逆らえないように調教してやろうと思う。千葉駅まで冠水とは海がすぐ目の前にあるのに水捌け悪いな。千葉駅ばかり改修しているからだ。バカめ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。