小室圭さん問題で秋篠宮殿下に重大異変! 「足元がフラつき、顔面蒼白でうつろ…」皇室担当が危惧

小室圭さん問題で秋篠宮殿下に重大異変! 「足元がフラつき、顔面蒼白でうつろ…」皇室担当が危惧の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』(毎日新聞出版)


 天皇陛下が即位を国内外に宣言される「即位礼正殿の儀」が22日に開かれ、多くの国民が〝奇跡〟を目撃した。当日午前、都内ではかなり激しい雨が降っていたが、SNS上では三種の神器の1つである「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」のパワーではないかという指摘が相次いだ。同剣は「天空に雲を発生させる剣」とされており、当日の雨は〝縁起物〟。その後「即位礼正殿の儀」の直前の13時頃までに雨はすっかり上がり、雲のすき間から陽の光が皇居に注ぎ込んだ。通路を歩く陛下を光が照らす場面は、まさに「後光が差した」と形容したくなるほど。さらに上空には低い虹がかかり、某テレビ番組に出演していた京都産業大学の久禮旦雄(くれ あきお)准教授は「まさにエンペラーウェザーだ」と表現した。

「エンペラーウェザー」とは、昭和天皇が1971年にロンドンに外遊された際に霧で有名なロンドンに青空が広がったエピソードや、1964年10月10日の東京五輪開会式にご出席された際、前日までの雨があがって青空になった逸話を評して使われる言葉。SNS上では、非常に強い勢力で日本列島に進んでいた台風21号が東に大きく逸れたこともあり「天皇パワー半端ない」「まるでファンタジー」といった声が相次いだ。

 対照的に周囲から心配されていたのが、陛下の弟である秋篠宮殿下だ。当日取材した皇室担当記者が回想する。

「朝から顔面蒼白で、目力がないというか、うつろな表情でしたね。儀式中、殿下は直立不動で起立しなければならないのですが、途中で体がフラッとなる場面もあり、記者の間で『ぶっ倒れるんじゃないか!?』と危惧する声が上がっていました。殿下の〝異変〟には宮内庁職員も気付いており、心配そうに視線を向けていました」

 幸い、大事には至らなかったそうだが、秋篠宮殿下は儀式が終わるや、足早に人目のないところに〝隠れた〟という。

 秋篠宮殿下の心労の要因は、娘の眞子さまと小室圭さんの結婚問題が泥沼化していることに他ならない。発売中の「女性セブン」(小学館)では、一部で消息不明とされていた小室さんの母・佳代さんの奇妙な目撃談を紹介。「夏に京都御所を訪れていた」や「葉山御用邸のある神奈川・三浦半島の駅前で見た」など、皇室ゆかりの地での〝出没情報〟を挙げた上で「皇室と縁の深い場所であることから、小室家は皇室の重要儀式である即位礼にも興味があるのではないか」と記している。

「さすがにセブンの記事は飛躍しすぎかもしれませんが、即位礼に合わせて小室圭さんが留学先の米国から緊急帰国するという話が流れ、各社裏取りに走ったことはありました。結局ガセでしたが、秋篠宮殿下はこのところ、娘の結婚問題よりも小室家の〝暴走〟を恐れているように感じます。即位礼で体調がすぐれないように見えたのも、そうした不安や焦りが解消されないからでしょう」(宮内庁担当記者)

 即位礼では晴れ間がのぞいたが、秋篠宮殿下の心はいまもどんよりとした雲が覆っているようだ。

編集部

関連記事

    小室圭さん問題で秋篠宮殿下に重大異変! 「足元がフラつき、顔面蒼白でうつろ…」皇室担当が危惧のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで