「雨を降らせるデバイス」を開発した男、降雨時に料金を受け取る契約を農家と結ぶ→大問題に発展中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

,

 米国や中国による国家的な気象操作が噂される中、オーストラリアでは「雨を降らせる」デバイスを開発したと主張する男が論争を呼んでいる。この男は水不足に悩む農家と「雨が降ったら報酬が発生する」という内容の契約を結んでいるのだが、そのことが、「長引く干ばつに苦しむ農家を食い物にする詐欺的行為」であると批判を受けているのである。英「Daily Mail」(10月24日付)ほかが報じた。

Controversial inventor accused of preying on desperate farmers creates a device he claims can cause RAIN to fall – and he’s selling it for $50,000 (Daily Mail)

デイビッド・マイルズ氏。画像は「Daily Mail」より引用

 今年、オーストラリアでは記録的な少雨となり、大規模な干ばつで農作物にも大きな被害が出ている。そんな中、マイルズ・リサーチ社という会社が「天候を操作できる」と言って、ビクトリア州の穀倉地帯の農家に自社サービスを売り込んでいる。契約は成功報酬で、決められた期間内に十分な雨が降った場合、5万ドル(約370万円)の報酬を支払うというものだ。

 マイルズ・リサーチ社の経営者デイビッド・マイルズ氏は、2000年代の初頭から天候を操作するシステムを発明したと主張し続けている人物だ。しかし、彼の発明は特許を取得しておらず、その内容も詳細は不明だ。会社のウェブサイトも存在するが、気象操作の方法については「ワームホールを用いて現在の時空の連続体と近未来の出来事との間にブリッジを作り、気象のパターンに影響を与える」というような抽象的な文章にとどまり、具体的な理論や方法については「ライバルに盗まれるのを防ぐため」ほとんど触れていない。過去に実地試験で成果を出したというが、「デバイスの開発と実証、そして秘密漏洩から守る設備を作るため、資金を集めている」とも語っている。

画像は「Daily Mail」より引用

 実に怪しい天候操作デバイスであるが、マイルズと『6月までの3カ月間に降水量が100ミリを超えたら5万ドル、50ミリ以上なら2万5千ドル、それ以下だったら支払いはいらない』という内容の契約を交わしたある農家は、取材に対して「結果に満足している」と話したそうだ。

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年10月29日 10:57 | 返信

面白い記事。無学の農民を騙すのは簡単かもしれんね

5:匿名 2019年10月28日 10:19 | 返信

現代では雨を消すこともまた増やすことも“容易い”んだけど、ここが現代教育の怖いところで常識では考えられないことや学校やテレビ新聞がまったく教えないことは嘘であると考えるように我々は全員マインドコントロールされてるんだよね。実際に中国がオリンピックでやってたんだし。自分もこれらのマインドコントロールを打破するのに苦労した。
だから小中校、高校、大学と、あんなにも長い間学校に拘束され机にかじりついて勉強させられるのは社会に通用する人材を育てているのではなく、我々を単なる“奴隷”とするためにやっている。
説明すればするほど、マジレスすればするほど「そんなわけねーじゃんw」と考えるアホが増えることが始末に負えないが、、
日本に陰謀論なんて愚かな言葉があること自体がもはや論外、海外では陰謀ではなく実際に社会で起こっていることと認識されている。

4:匿名 2019年10月27日 20:03 | 返信

ヨウ化銀を撒いて人工降雨は物質で降らせるから逆に豪雨を無くす事はできないが、ワームホールで降雨出来るなら豪雨を止めることも出来るだろうな、胡散臭い競馬の予想ではないが、数打って統計的に確率を出したらドヤ。タイムワープ輩と同類な希ガス

3:匿名 2019年10月27日 19:24 | 返信

本当に人工的に雨を降らせることができるならカリフォルニアに降らせてやったら?
また山火事で大変だそうだ

2:匿名 2019年10月27日 16:41 | 返信

逆天気の子おっさん

1:聖帝 2019年10月27日 14:32 | 返信

民間企業が国のトップシークレットの気象操作で収入を得るとなればそれは気象操作が広く知れ渡るから許せないのだろう。そのうち消されるか、個人に無実の罪を被せる、直接的、間接的に脅すか、会社に在らぬ疑いをかけて潰すだろう。何事もないことを願う。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。