城島茂だけじゃなかった! 記者会見でスベりまくった芸能人4人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
画像は、「TOKIO」公式サイトより

 TOKIOのリーダー・城島茂(48)といえば、よくダジャレを披露することで有名。今年9月に注目を集めた菊池梨沙(24)との結婚会見でも、お得意のダジャレが飛び出していた。

 TOKIOメンバーからかけられた言葉などを明かしつつ、笑いも取りながら会見を進めていた城島。しかし心の中ではいつになく緊張していたようで、ペットボトルの水を手に取る場面もあった。その時に飛び出したのが、「できればカメラを見ず(水)に」というダジャレ。ペットボトルの“水”とかける形で、緊張のあまりカメラを見たくない気持ちを表現している。しかし見事にスベってしまい、ネット上では「リーダーやっちゃったな」「城島茂らしいといえばらしい」「結婚会見でスベるアイドルとか斬新すぎる」といった声が。

 今回はそんな城島のように、記者会見でスベった芸能人たちを紹介していこう。

●葛西紀明

画像は、「葛西紀明」公式ブログより

 まずはスキージャンプ選手の葛西紀明(47)。50歳が見えてきた今でも現役を貫いており、“レジェンド”と称するファンも少なくない。しかし平昌五輪ではメダルを獲得することができず、選手としては残念な結果に。そんな中で帰国後は記者会見が行われたのだが、大会で旗手を務めた葛西は「力強く旗を振れた」「ぼくのおかげでこんなにたくさんのメダリストが生まれたんじゃないかな」とジョークを飛ばしていた。

 メダルが取れていないことを自虐して笑いを取りに行ったようだが、ファンからは「反応に困る自虐ネタはやめて」「恐らく本人が一番悔しがってると思うし、これは笑っていいのかわからない」「選手として頑張って!」と困惑の声が。次の大会では見事メダルを獲得して、笑えるジョークを披露してもらいたい。

コメント

1:トランプ大統領 2019年10月30日 12:33 | 返信

すべった?パペットがすべったのでは無く俺か?こうなったらフィギュアスケーターになって表現するしか無い。
確かに自虐ネタは状況からして洒落にならんな。頭のおかしいモノマネ野郎が相手だから、理解出来ないのかジョークが通用しない。チョンの都合しか言わんので、こちらも対応に困る。同じくロボットのターミネーターで対応するか、天国に行ける事を願って親切にしてやるしか無い。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。