10月30日はゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』のモデルとなったカール・イェルザレムが拳銃自殺した日!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
10月30日はゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』のモデルとなったカール・イェルザレムが拳銃自殺した日!の画像1
(写真はWikipedia The Sorrows of Young Werther より使用。Public Domain)

『1774年に出版された「若きウェルテルの悩み」の初版本』

 1772年10月30日は、ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』のモデルとなったとされる人物、カール・イェルザレムが拳銃自殺した日である。


 その物語は「主人公のウェルテルが婚約中のシャルロッテに叶わぬ恋心を抱き、最終的には絶望の中で自殺してゆく」というストーリーであるが、実際には「ゲーテ自身がシャルロッテ・ブッフなる友人と婚約中の女性への失恋で思い悩んでいた」際に、「友人のカール・イェルザレムが人妻との失恋を苦に拳銃自殺を遂げた」という2つの悲恋を組み合わせて、自らの作品として完成させたもので、1774年の出版以来、すぐさま英語、フランス語、イタリア語等に翻訳されてヨーロッパ中で大ベストセラーになった。


 そしてウェルテルのモデルとなった人物がカール・イェルザレムと特定されると、その墓は《自殺の聖地》となり、彼を追って自殺を選択する若い青年が急増したという。


 1974年には、その社会現象をアメリカの社会学者・デビッド・フィリップスが《ウェルテル効果》と名付け、「(有名人の)自殺のマスメディア報道に(若者の)自殺率を促進する効果」があることを証明した。


 悲恋に思い悩んだ1人の青年の自殺は、ある偉大な才能の仕事により、文学、そして人類の歴史となって、200年以上が経過した現在社会に生き続けているのだ。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。