兄弟姉妹、いとこ同士で“近親相姦SEX”に明け暮れた村人たち! 西日本の寒村に実在した「当たり前の風習」を経験者が激白!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

兄弟姉妹、いとこ同士で近親相姦SEXに明け暮れた村人たち! 西日本の寒村に実在した「当たり前の風習」を経験者が激白!の画像1
画像は「getty images」より

 現代社会においては、日本に限らず多くの先進国において、近親者同士の結婚は法律で認められていない。しかしその昔、西日本のとある地域においては、イトコ同士はもちろんのこと、兄弟姉妹であっても、平然と肉体関係を結んでいた時代があったのだという。

「そうね、たしかに昔はそうだったよ。むしろ、そうじゃない相手とそういう関係になる人間のほうが少なかったんじゃないかな」

 自身が生まれ育った西日本のとある地域で、かつて大々的に行われていたという、近親者同士の肉体関係についてそう語るのは、現在も当地で暮らす澤田彦治さん(仮名・81)。澤田さんの話によれば、当地で暮らす男女の多くが、夫や妻といった相手とは別に、イトコ同士や兄弟姉妹間で、性行為を行うことを当たり前のように考え、せっせとそうした行為に励んでいたのだという。

「まあ、昔はおおらかな時代だったし、娯楽らしい娯楽もなかったものだからね、やることっていえば、それぐらいしかなかったんだよ。けれども、相手がそんなにたくさんいるわけではないもんだからね、大抵は兄弟姉妹とか、イトコ同士なんかで、そういうことをやっていたもんなんだよな」

 たしかに娯楽に乏しい時代や地域において、セックスが唯一の娯楽だったという話は、しばしば聞く話である。しかしそ、の相手が本来のパートナーである夫や妻を対象としたものだけではなく、イトコ同士や兄弟姉妹も含まれるとなれば話は別。全国的に見ても極めて珍しいケースであるといえるだろう。澤田さんは続ける。

「普通はそういうこと、なかなか考えないだろうし、たとえ思いついても、実行に移すことなんてないんだろうけれども、なにせここいらじゃ昔から“そういうもの”として捉えられていたもんだからね、みんな当たり前のこととしてやっていたよ。なにせ、うちだって妹にとって最初の男は俺なんだもの(笑)」

兄弟姉妹、いとこ同士で“近親相姦SEX”に明け暮れた村人たち! 西日本の寒村に実在した「当たり前の風習」を経験者が激白!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル