実の親が5歳の我が子をセックスビデオに出演させる! 学校では虐められ…深すぎる児童ポルノ・ダークネットワーク

 児童性犯罪を操っていたジェフリー・エプスタインが死んでも、児童性犯罪は死に絶えることはない。東ヨーロッパの国、ジョージア(グルジア)では児童性虐待の話が多いが、その中でもこれは衝撃的なストーリーである。

■親が我が子をセックスビデオに出演させる

 今回の事件は首都トビリシで起きた。これは単なる異常性欲者や、セレブの児童ポルノ・ネットワークだけが関与しているのではない。主な虐待者は両親であり、彼らは5歳から15歳までの娘たちに露骨なセックスビデオの撮影を強要し、金銭を受け取っていた。

 これらのビデオは、ダークウェブと小児性愛者のネットワークを介して国際的に販売され、報酬はビットコインを介し、児童ポルノ・ネットワークの元締めが手にしていたという。

 アメリカ、オーストラリア、ジョージアの当局が行った共同捜査で、違法な写真スタジオを捜索し、児童の性的虐待画像や動画を含むハードウェア、ディスク、メモリーカード、高価なカメラ、照明、その他周辺機器が押収された。

実の親が5歳の我が子をセックスビデオに出演させる! 学校では虐められ…深すぎる児童ポルノ・ダークネットワークの画像1
「The Sydney Morning Herald」の記事より

 そして今回の事件は、ごく氷山の一角なのだ。

 この犯罪グループに属するアメリカ人とオーストラリア人の男は、トビリシの賃貸アパートを基地として、児童ポルノ写真やビデオを撮っていた。米国人の男は、ジョージアへの国援助プログラムの一環であるボランティア英語教師として、ジョージアに滞在していた。

 この男を知っている人物は、憤慨してこう語る。「外国から教師を連れてくるためには、政府のエージェンシーが認可を行うのに、犯罪歴を確認しないなんて信じられますか?」

 この小児性愛者グループのリーダーであるアメリカ人とオーストラリア人は、母国では既に性犯罪者リストに載っていたという。

 そして被害者の子どもたちの親は、未成年の少女(5~14歳)のポルノを撮ることと引き換えに、1万8千円から11万円を手にしていたという(ちなみにジョージアの平均月収は約4万5千円)。5歳の女児の両親は1年以上、子どもをセックスビデオに出演させ、「ギャラ」を巻き上げていたのだ。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

実の親が5歳の我が子をセックスビデオに出演させる! 学校では虐められ…深すぎる児童ポルノ・ダークネットワークのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル