実の親が5歳の我が子をセックスビデオに出演させる! 学校では虐められ…深すぎる児童ポルノ・ダークネットワーク

 警察の捜査では、11人の被害者女児が特定され、彼女らの写真は目隠しをして報道されたが、周囲の人間は被害者をすぐ特定できたと言う。ある女性は、「地元の人はすべて知っている。記事を読む必要はない」と吐き捨てるように語った。

実の親が5歳の我が子をセックスビデオに出演させる! 学校では虐められ…深すぎる児童ポルノ・ダークネットワークの画像2
「The Sydney Morning Herald」の記事より

■児童ポルノ、闇売春を根絶できるのか

 ジョージアは人口371万人の貧しい国だ。若年層の失業率は30.4%にも上る(2018年)。

 そしてジョージアは伝統を重んじる国で、セックスを話題にすることがタブーとされている。この事件に関係した少女たちは、周囲の目に怯え、もはや学校に通えなくなった。

 しかし半面、多くの未成年の少女が首都トビリシのナイトスポットで、セックスワーカーとして働き、中東をはじめとする外国人客を相手にしていることも事実であるが、誰も話題にすらしない。

実の親が5歳の我が子をセックスビデオに出演させる! 学校では虐められ…深すぎる児童ポルノ・ダークネットワークの画像3
「Sott.net」の記事より

 また、ジョージアには若年結婚の習慣があり、ヨーロッパの国々の中で、結婚の最低年齢が最も低いと言われている。法的には結婚できる年齢は18歳だが、実際には、届けを出さずに12歳で結婚させられる女の子も少なくないという。

 今回の事件によって、ジョージアでは児童性犯罪や、児童ポルノに関連するより厳しい法律が成立すとが見込まれる。しかし法律では、主に両親や仲介者だけがトカゲの尻尾切りとして処罰されるにとどまり、事件に関連が疑われる援助機関や政府関係者までは、捜査の手は及ばない。

 以前にもジョージアでは、児童ポルノに米国大使館のスタッフが関係したケースがあり、警察内にもこのビジネスの違法な収益を共有している人物がいる疑いがあるといわれている。最も重い罰を受けるべきなのは、何食わぬ顔で利益を得ている影の人物たちであろう。

参考:「Sott.net」、「OCCRP」、「The Sydney Morning Herald」ほか

文=三橋ココ

コメント

3:特命 2019年11月7日 08:01 | 返信

>> 2

世界政府って何だよ

寝言は寝て言え

2:聖帝 2019年11月3日 05:53 | 返信

おい!1のあほ!子供はそういう対象ではない!キサマもションベンロリか?こういう問題は本当に不快だな!私が世界政府のトップになったら変態ロリは殲滅する!この世に必要ない!

1:匿名 2019年11月2日 14:39 | 返信

児童性愛者に対する心無い偏見キツイよな
LGBTQIAにLを付け足して多様な性の嗜好を認める運動必要だわ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。