オフトークになると「方言」が出てスタッフをメロメロにさせているタレント3名!「凄く可愛くて萌え…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
画像は「NHK」より引用

 標準語がある一方で、方言や訛りが今も根強く残る地域が国内には多数ある。そんな場所で生まれ育てば、上京後も日常的には標準語を使う反面、訛りや方言が残ることがある。これは女性芸能人であっても同様だが、ふとした瞬間に本来の喋り方が出てしまい、特に男性スタッフが萌えることもあるという。訛りや方言がオフトークで出てしまい、尚且つカワイイと評判の女性タレントの名前を聞き出した。

「前に打ち合わせの際に訛りが出てカワイイと思ったのは広末涼子さんです」(番組制作会社スタッフ)

 高知県出身の彼女は高知弁が出ることがあるらしい。

「打ち合わせで仕事の話をしていたときには普通に標準語でしたが、話が逸れたときに急に方言が入ったんです。本人もすぐそれに気付いて口を押さえるような仕草をしていましたが、それもまた可愛かったです」(同)

 たしかにあの顔で高知弁は可愛いかもしれない。

 2人目はあの新婚女優だ。

佐々木希さんです。秋田のご出身なんですが、親しいスタッフしかいない現場では話している最中に地元の言葉が出てきます。そのため、彼女が標準語ではなく秋田弁を使ったらスタッフに親しみを感じており、リラックスしている証拠なので、信用されているかどうかのバロメーターにもなっています」(テレビ番組スタッフ)

 なるほど、方言にはそのような副作用もあるようだ。

 最後のひとりはあの女優の名前が挙がった。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。