近親相姦の最大の闇…母と息子が燃えるようなセックスに狂う! ジェネティック・セクシュアル・アトラクション事件!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
画像は「Mirror」より引用

 ジェネティック・セクシュアル・アトラクション(GSA)とは、血縁関係にある者同士が大人になってから初めて出会い、性的に魅かれることである。実の息子とのセックスに溺れ、結婚・子作りまで計画していたある母親は、息子との関係を“近親相姦”ではなく“ジェネティック・セクシュアル・アトラクション”なのだと主張した。

 ロンドン出身のインテリアデザイナー、キム・ウェスト(51歳、2013年当時、以下同)は19歳のときに留学していたアメリカ・カリフォルニア州で未婚のまま男の子を出産。その男の子、ベン・フォードは生後2日で養子に出された。

 それからおよそ30年後、コンピュータ技術者として働いていたベン(32歳)は、産みの母親であるキムを探し出し、手紙を出した。

 その後、2人は手紙のやり取りや電話での会話を積み重ね、32年の時を経てついに再会を果たすこととなった。

 出会った瞬間、2人は共に性的に魅かれ合ったという。

 ベンはキムを母親としてではなく、性の対象としてしか見れなったと言い、キムもまた、ベンを“セクシーだ”と思ったという。2人は出会ったその日にホテルの部屋でシャンパンで乾杯し、キスを交わし、そのままセックスをした。

 キムは息子・ベンとのセックスを「信じられないぐらい最高で刺激的」と表現している。

 ベンは当時結婚していたが、キムとの関係を持った数日後には当時の妻ビクトリアさん(22歳)に「母親と一緒になりたいから別れてくれ」と離婚を要求。

「彼女(母親であるキム)と出会ってから、君とセックスするときにも必ずキムのことを連想している。君にキスをしているときもキムにキスをしていると自分に言い聞かせている。そうでないと勃起しない」と言われたと元妻のビクトリアさんは雑誌「The New Day」のインタビューで語っている。

 その後2人は正式に離婚した。

コメント

2:匿名 2019年11月11日 11:12 | 返信

元奥さんにこそ迷惑かけたが、それ以外はいい歳した当人同士のことなんだからほっといたらいいのに。

1:匿名 2019年11月10日 12:45 | 返信

人生いろいろあるもんだな。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?