スクープ! アマゾンプライム起動時に「エロ・サブリミナル」が映り込むことが発覚!そそり立つペニスと巨大金玉!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

「(クラッカーの)リッツの表面には無数のSEXの文字が刻印されている」という驚くべき事実を発見したのは、アメリカの広告論の専門家であるウィルソン・ブライアン・キイである。彼が1976年に「アメリカの広告にはサブリミナルで性的なメッセージがあふれている」と告発した著書『メディア・セックス』は世の中から「トンデモ本だ」と批判を受けた。

 その一方で、彼の主張はその後の広告や商品開発に多大な影響を残している。なぜなら「お金がかからない」割に「やっぱり効果がありそう」だからである。

 実際、マ○ドナルドのマ○クシェイクではストローの太さを女性の平均的な乳首の太さにしたことで売上を伸ばしたという。無意識に乳首を吸いたいと思うのは男女ともに乳児の頃にサブリミナルな刷り込みが行われた部分なので、この手法はジェンダーに関係なく有効で、マ○ドナルドの成功以降、口にくわえる食品のさまざまな分野でこのサイズが取り入れられていることは広く知られている。

 一方で女性のユーザーの心を絡めとるには別のサブリミナルのほうが有効だ。写真をご覧いただきたい。

家でテレビを見ていたら…しっかりタマもついている。そして、たくましいアレが…

 ア○ゾンプライムを起動させた画面は、男性にはア○ゾンのロゴと家のドアが図示された絵柄にしか見えないだろう。しかし同じ画面を見たときに女子は少し頬を赤くしてしまう。サブリミナルで別なものに見えてしまうのだ。

 そして一度それが見えてしまうと女子の潜在意識はそれを求め始めてしまう。何度も見たいと思い気づくとア○ゾンプライムのスイッチを入れることになる。

コメント

5:匿名 2019年12月2日 22:50 | 返信

太さを同じにする→太さと同じにする
なんじゃね?

4:匿名 2019年11月29日 09:22 | 返信

映画『ファイトクラブ』のサブリミナルを思い出した

3:1です 2019年11月28日 21:50 | 返信

ひるおびで国際宇宙ステーションとかH2Aロケットとかを取り上げていたのでH2Aロケットを見ていろいろイメージしてしまったのだろう
H2Aの先端は人工衛星が収納されていて、少し膨らんだ形。メインエンジンの両サイドには左右に補助ロケット。
男性器に似ている。
その方は、多分、その場で番組中にムラムラしてしまったのだろう。
宮崎聡子「~~(略)~~、私、宇宙飛行士と合コンしたいですね」
(頭の中では、宇宙飛行士の股間のH2Aロケットが・・・・だと思う)
スタジオの面々は発言をスルー
当時、宮崎聡子さんは夫がいました
そして、数ヶ月しないうちに宮崎聡子さんは離婚されました。
あの日、何を考えていたのかは本人しか分からない事です。
反面教師という四字熟語ですね。
そんな宮崎聡子さんは今日も元気にテレビで活躍中!

2:トランプ大統領 2019年11月28日 13:36 | 返信

私がアマゾンプライムを使い始めたから、記事書いたな?タイミングが良すぎる。偽のカメラマンと同じだ!お前がチンコを押し付けてくるんだろ!気持ち悪いんだよ!お前らと何の関係が有るんだ?好き好き攻撃は頭がおかしいからやめろ!普通にオススメを紹介したらどうだ?

1:匿名 2019年11月28日 13:34 | 返信

なるほど男性器のイメージになるのか
そういえば、ひるおび、グッデイ、ミヤネ屋などでH2Aロケットの打ち上げを扱うとスタジオではいつもより楽しそうな感じがしていた
番組に出ている女性の方々は「男性器が宇宙まで飛んでいく」とイメージしていて内心楽しいく思っていてのだと思う
興味深い記事ありがとう、ホラッチエさん

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。