チュート徳井義実にさらなる「不要論」が浮上、原因がヤバイ! 吉本興業は「発達障害ADHD」を“利用”して復帰画策!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

,

,

チュート徳井義実にさらなる「不要論」が浮上、原因がヤバイ! 吉本興業は「発達障害ADHD」を利用して復帰画策!?の画像1
チュートリアル/吉本興業より

 

 法人性や所得税の申告漏れが発覚し、芸能活動を休止しているお笑いコンビ「チュートリアル徳井義実が、さらなる苦境に立たされた。昨年末に1億円以上の追徴金を支払い、修正申告したものの、納税の義務を怠った〝罪〟は重く、芸能界からも総スカン状態。ついには視聴者からも〝退場勧告〟を受けてしまった。

 徳井出演の3日放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の平均視聴率は関東地区で6・6%、関西地区は5・3%。前週10月27日は関東地区で7・0%、関西地区は6・2%で、微減したことになる(ともにビデオリサーチ調べ)。

 徳井は1964年の東京五輪で金メダルを獲得した女子バレーボール日本代表監督・大松博文役。一連の問題を受け、NHKは編集作業を行ったが、主要キャストだけにすべての出演シーンをカットするわけにはいかず、3日放送では前半部分を中心に約4分間登場した。

「NHKの苦心がわかる編集だった。視聴者の中には徳井が出るか出ないか、カット部分はどこかなどを“間違い探し”のノリで楽しむ人もいる。通常、この手のスキャンダルのあとは視聴率が上がるものだが、むしろ下がってしまった。視聴者も徳井に関心がないということだろう」(テレビ関係者)

 徳井をめぐっては、マスコミが「引退」「芸能界追放」という強い言葉で批判しているのとは対照的に、芸人仲間や吉本興業は復帰を前提に物事を考えているフシがある。問題発覚当初、徳井について「かわいい後輩やけど、今回のことだけはどうにもできない」と突き放した明石家さんまも、2日放送のフジテレビ系「27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!」では「オレらが何とか助けてあげていろいろやってあげなアカンからな」と態度をやや軟化させた。

 芸人仲間からも徳井の才能を惜しむ声が相次いでおり、今田耕司は「才能があって男前で人に気をつかえて。あんな完璧な人間が(なぜこんなことを)」と擁護。同じ吉本芸人のほんこんから「おまえ、税金のこと軽く見すぎやねん」とたしなめられる一幕もあった。

「さらに吉本興業の一部社員は仕事先に謝罪する際、徳井のルーズさについて『発達障害のような部分もあるので…』と説明していたことがわかった。それを信じたテレビマンからマスコミに『徳井って病気なの?』と問い合わせも来ている。本当にそう診断されているかどうかは、本人にしかわからない」(スポーツ紙記者)

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年11月10日 09:24 | 返信

発達障害者なら仕方ない。許してやれ。

4:匿名 2019年11月7日 15:06 | 返信

世の中のADHDの方が全員洩れなく税金を納めてないなら言い訳の一つにもなろうが、殆どの人はちゃんと納めている。

病気を理由にしちゃならないし、理由にもならない。

3:匿名 2019年11月6日 15:11 | 返信

>> 2

初っぱなから誤字はいかんですよね。

2:匿名 2019年11月6日 12:11 | 返信

法人性ってなんだよ

1:匿名 2019年11月6日 09:47 | 返信

吉本に所属しているジミー大西さんはきちんと納税している。
吉本に所属していて個人会社を使っていた徳井は納税していなかった
徳井がADHDって事にするの?、無理があると思うよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。