「IT」のモデルになった伝説の殺人ピエロ、ジョン・ゲイシー! 道化師の素顔と少年拷問記録!

「IT」のモデルになった伝説の殺人ピエロ、ジョン・ゲイシー! 道化師の素顔と少年拷問記録!の画像1
金曜ロードショー/日テレHPより


 今夜、レの金曜ロードショーにて、2017年に公開された「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」が放送予定だとして話題だ。本作は、子どもがメインで登場する映画にもかかわらず、なんとR15指定。それをゴールデンタイムに放送するということは、R指定とされたであろう残酷な場面はカットして編集されるだろうといわれている。

 11月1日に公開され話題の、ITの続編にして完結の物語を描く『 IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』もR15指定の本作だが、実はこのITのモデルとなった恐ろしい人物がいることはご存じだろうか? R15指定どころではおさまらない、本当に怖く、凄惨な殺人ピエロ事件を再掲する。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

「IT」のモデルになった伝説の殺人ピエロ、ジョン・ゲイシー! 道化師の素顔と少年拷問記録!の画像2ジョン・ゲイシー「YouTube」より

 ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングの作品に『IT』がある。子供だけを狙った連続殺人事件の犯人、「イット」と呼ばれる邪悪なピエロにまつわる物語で、映画化までされた。映画を見てピエロが苦手になったという人は多く、ホラー映画を代表する作品として語り継がれている。

 実はこの『IT』のピエロにはモデルがいた。実在した連続殺人鬼ジョン・ゲイシーである。小説や映画以上に、全米を震撼させたジョンとは、一体どんな人物だったのだろうか。


■ゲイシーの生い立ち:1、充実

「IT」のモデルになった伝説の殺人ピエロ、ジョン・ゲイシー! 道化師の素顔と少年拷問記録!の画像3ゲイシーの母「YouTube」より

 1942年3月17日、ジョン・ゲイシーはイリノイ州シカゴのアイルランド系移民の両親のもとに誕生。この日はアイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日“聖パトリックの祝日”であったこと、また夫婦にとって待望の長男だったことから、彼は「特別な子」だと祝福されながらこの世に生まれた。2歳年上の姉と2歳年下の妹に挟まれたジョンは、カトリックの学校に通い、敬虔な信者になるよう育てられた。

 一家は中流階級家庭地区に住んでおり、ジョンはこの地区の多くの男子たちがするように、放課後はバイトをした。新聞配達やスーパーで荷物を詰めるスタッフや倉庫係など、多くの職を経験しながら、ボーイスカウトにも参加するという忙しい子供時代を送った。ジョンは社交的で友人も多く、バイト先のうけもよかった。学校も放課後の生活も楽しみ、充実した日々を送っていたジョンだが、一方で、自身の病気や父との関係に深く苦悩していた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?