11月10日は森繁久弥、森光子、高倉健…昭和を代表する俳優3人が亡くなった日!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
11月10日は森繁久弥、森光子、高倉健…昭和を代表する俳優3人が亡くなった日!の画像1
(写真は森繁久弥CD「屋根の上のヴァイオリン弾き」(EMIミュージック・ジャパン)のジャケット、森光子舞台「放浪記」ポスター(帝劇)、高倉健レコード「網走番外地」のジャケット(テイチク))

『「屋根の上のバイオリン弾き」のジャケット、「放浪記」ポスター、「網走番外地」のジャケット(写真左から)』

 11月10日は、森繁久弥、森光子、高倉健という昭和の日本を代表する俳優3人が死亡した日である。


 2009年に老衰で亡くなった森繁は93歳、2012年には肺炎による心不全で亡くなった森は92歳、2014年に悪性リンパ腫で亡くなった高倉は83歳と、3人ともが高齢に至っても第一線で活躍し続けた、才気溢れる大俳優である。


 無論それぞれの死に因果関係があるとも思えないが、その結果から顧みた歴史は実に奇妙な“縁”のようなものを感じさせるものであり、”不幸の蓄積”といえるようなこの偶然の一致であるが、情報の集合体としてはどこかポジティブな威厳を感じさせるようにまで感じられる。


 それはすべて彼らの遺した膨大な作品群に拠るものだともいえ、その素晴らしい功績を記憶し続けるためにも、11月10日は《昭和エンターテインメントの命日》として記憶してゆくのもよいのではないだろうか。


 余談となるが、この不幸記憶サイト『Black Calendar』も、管理人がこの11月10日の数奇な一致を知ったことにより、発案されたものである。その意味でいえばこの日は当サイトの生誕記念日であり、人類がその滅亡まで紡ぎ続ける《365編の物語》を読み解く作業は、この日から始まったのである。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。