【閲覧注意】最近の「イスラム国」による夜襲映像が公開される! 頭を撃たれたターゲットが… 残虐な処刑がヤバすぎる

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】最近の「イスラム国」による夜襲映像が公開される! 頭を撃たれたターゲットが… 残虐な処刑がヤバすぎるの画像1画像は、「theYNC.com」より

 イスラム教過激派組織「イスラム国(IS)」の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者が先月26日夜、シリア北部の潜伏先を米軍に急襲されて自爆した。3人の子どもたちと一緒に行き止まりのトンネルに逃げ込んだが、追い詰められたことで自爆ベストを作動させ、子どもたちを道連れに死亡したという。バラバラになった遺体の断片が米軍によって回収され、DNA鑑定の結果バグダディ容疑者であることが確認された。

 バグダディ容疑者は2014年、イラクとシリアに「イスラム国」樹立を宣言し、米国によって最重要指名手配容疑者とされてきた。その最高指導者を失ったISは弱体化すると見られているが、一方で報復テロも懸念されている。

 ISメディアは先月31日、バグダディ容疑者の死を公式に認めた上で、アブイブラヒム・ハシミ・クラシを新たな後継者に指名したことを明らかにした。また、シリアでは先月、トルコがクルド人民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」を国境付近から排除する「平和の泉」作戦を展開したため、クルド人勢力に拘束されていたIS関係者が脱獄したと報じられた。シリアやイラクでは最大1万8千人ものIS関係者が逃亡中との情報もある。今後、彼らが新指導者アブイブラヒムのもとに集結するかもしれない。

 ISはシリアやイラクだけでなく、フィリピンやインドネシア、パキスタン、イエメン、エジプトなど、世界各地で活動している。そして、ネット上に残虐な動画を公開しては存在感をアピールする。そんな動画の一つを海外の過激動画共有サイト「theYNC.com」から紹介しよう。

 動画は、ISメンバーたちがターゲットの住居へ夜襲をかけるシーンから始まる。床に押し倒されたターゲットは、足で踏みつけられ、銃口を突きつけられる。覆面をしたISメンバーがカメラに向かって演説した後、いよいよ処刑が始まった。手を縛られたターゲットの1人は頭や体を撃たれて動かなくなった。2人目も頭部を撃たれ、口から血を流しながら絶命した。

 こうした動画は、ISを支持する人々から高く評価されるのだろう。最高指導者が何度殺害されても、ISの思想が生き残り続ける限り、ISが完全に消滅することはあり得ない。テロとの戦いはいつになったら終わるのだろうか。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

【閲覧注意】最近の「イスラム国」による夜襲映像が公開される! 頭を撃たれたターゲットが… 残虐な処刑がヤバすぎるのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル