田代まさし逮捕で「ダルクの闇」が明らかに!? 1年半前から再犯の兆候、それを放置とのウワサも

関連キーワード:

,

,

田代まさし逮捕で「ダルクの闇」が明らかに!? 1年半前から再犯の兆候、それを放置とのウワサもの画像1
テレビ朝日より引用

 元人気タレントの田代まさし容疑者が6日、覚醒剤取締法違反容疑(所持)で現行犯逮捕された。薬物では9年ぶり4度目の逮捕。容疑は8月23日に宮城県塩釜市の宿泊施設で、また、11月6日に東京都杉並区の自宅マンション敷地内でそれぞれ覚醒剤を所持した疑い。塩釜署の発表によると、田代容疑者が利用した塩釜市の宿泊施設から「客が注射器のようなものを忘れていった」と通報があり、内偵を進めていたという。田代容疑者は塩釜士のホテルで発見された物証について「自分のものではない」と否認。自宅での所持についても曖昧な供述を繰り返している。

 田代容疑者は2010年10月に同法違反で逮捕され、2014年7月に出所。その後は薬物依存症患者のリハビリ更生施設「ダルク」のスタッフとして仕事をしていた。最近は7月4、11日放送のNHKEテレ「バリバラ」で薬物依存症をテーマに、マーシー先生として出演。6月にはユーチューブチャンネルを開設し、逮捕前日の5日には「刑務所はつらいョ よそ見編」と題し、刑務所生活を振り返る内容を配信した。また今月23日には広島市で開催される「中国ブロック再犯防止シンポジウム」に日本ダルクの近藤恒夫代表と登壇する予定となっていた。

 天下のNHKがメディア出演を許可したことで、田代容疑者は「更生済み」と捉えられていたが、現実はそんなに甘いものではない。もっと言えば、今回の逮捕は「ダルクにいた意味はあったのか?」というところまで問われる事態だ。

 ダルクと言えば、最もメジャーな更生施設である一方で、「貧困ビジネス」ではないかという声もある。2012年7月にはさいたま市浦和区にある「埼玉ダルク」の通所者に覚醒剤0・2グラムを8000円で売り渡したとして、かつて通所していた男が覚醒剤取締法違反(譲渡)で逮捕された。逮捕された男は定期的にダルクに通っていたが、同年1月ごろからほとんど顔を出さなくなったという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ