IZ*ONE騒動のスキャンダルで…日向坂46の紅白歌合戦進出が決まった裏側とは!?

関連キーワード:

,

IZ*ONE騒動のスキャンダルで…日向坂46の紅白歌合戦進出が決まった裏側とは!?の画像1

 今年デビューしたばかりの第三の坂道グループ、日向坂46のNHK「紅白歌合戦」初出場が濃厚となった。確かに人気があるとはいえ、今年は“見送り”の予定だったのだが……棚ボタで初出場が降ってきた。なぜなら出場が確実視されていた、秋元康プロデュースの日韓グループIZ*ONEが不正投票疑惑により、紅白どころかグループの存続すら危ぶまれているからだ。

 紅白出場歌手の発表を間近に控えた11月11日、スポーツ紙に「日向坂46が紅白出場」というスクープが躍った。「日向坂は確定と言っていい。あれだけ秋元さんが押していたIZ*ONEがポシャッたから、順番が回ってきた」(レーベル関係者)

 IZ*ONEは昨年、韓国のケーブルテレビ局Mnetで放送され た日韓合同オーディション番組「PRODUCE48」で選ばれた メンバーによって結成された。日本からはHKT48の宮脇咲良らが参加しており、今年2月に秋元プロデュースの「好きと言わせたい」で日本デビューを飾った。「秋元さんのお気に入りグループで、紅白出場をゴリ押ししていた。先月にはNHK・Eテレの『沼にハマってきいてみた』 に出演するなど、紅白出場への布石を打っていた」(NHK関係者)

 ところが出場歌手選考も佳境に入った11月、とんでもないスキャンダルが発覚してしまう。Mnetで「PRODUCE48」 の後に放送されたオーディション番組「PRODUCE X101」で視聴者投票の順位操作がバレてしまい、関係者が詐欺などの疑いで逮捕されたのだ。捜査の中で、「PRODUCE48」 に関しても不正を告白したことから、IZ*ONEは活動が出来なくなってしまった。「さすがに疑惑のグループを紅白に出すわけにはいかないため、急遽日向坂46が起用されたというわけ」(同)

 ちなみに9月から「PRODUCE101」の日本バージョンがインターネットで放送されている。TBS関係者は「間の悪いことに、日本版で主導権を持っているのは今年多くの問題を起こした吉本興業。 初回と12月の最終回はTBSで放送される予定だったが、お蔵入りになりそう」

 韓国発のオーディション番組で、日本の芸能界も大きく揺れている。

編集部

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。